欧州委、内部告発を促す新たなツール導入

欧州委員会は16日、カルテルなどの内部告発を促す新たなツールを導入した。これにより個人が匿名で不正行為を通報できるようになる。

欧州委は告発者向けに専用の電子メールアドレスや電話番号のほか、情報を暗号化して送信できるインターネット上のページを開設。身元を明かさないまま当局との双方向のやり取りもでき、価格協定や入札談合などに疑問を感じた従業員に勤務先企業の不正を正す機会を与える。

欧州連合(EU)では、これまで告発を促す方法として、不正を自ら通報した企業への制裁を軽減する制度に依存していた。欧州委は新たなツールにより不正が発覚する確率が高まり、カルテルなどの行為は一段と難しくなると期待。同委のマルグレーテ・ベステアー競争担当委員は、「内部告発はカルテルなどの行為を暴く強力な手段になる」と話している。[EU規制]


関連国・地域: EU
関連業種: IT・通信社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

ギリシャ、金融支援脱却後の成長計画を発表(05/25)

MKB銀行、最大30%株を上場へ(05/25)

ガスプロム、罰金回避へ EU競争法違反巡る問題に決着(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

<連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第3回 進むユーロ安の背景(05/25)

独GDP成長率、改定値も0.3%(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

ディーゼル車規制、ハンブルクで31日から(05/25)

【ウイークリー統計】第8回 老年人口指数と若年層の実家暮らし(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン