ルフトハンザ、パイロット労組と交渉妥結

独ルフトハンザ航空とパイロット労組VCは15日、賃金や年金制度、労働条件などをめぐる包括的な合意に達したと発表した。一連の労使交渉に最終的な決着が付いた格好。会社側にとってはストライキのリスクが緩和されるだけでなく、航空会社を取り巻くパイロット不足への対応措置にもなりそうだ。

ルフトハンザは2012年5月にさかのぼり、2022年6月までの10年間の給与を11.4%引き上げる。さらに、パイロット1人当たり給与約0.8カ月分の一時金を支払う。パイロットの平均年収は18万ユーロ。

また、確定給付型年金から確定拠出型年金への制度移行、フレキシブル勤務の導入などでも合意。早期退職年齢は現在の55歳から段階的に60歳へ引き上げられる。

今回の合意を受け、労組は2022年まで賃金をめぐるストを凍結することを約束。これにより、ルフトハンザはパイロット関連のコストを約15%削減できる見込みだ。[労務]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 金融・保険運輸・倉庫雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

MKB銀行、最大30%株を上場へ(05/25)

ドイツ銀、7千人超を整理へ ゼービング新CEOが再建に着手(05/25)

PSA、「デジタル・ファクトリー」開設(05/25)

独GDP成長率、改定値も0.3%(05/25)

ロシアの乗用車生産、4月は21.6%増加(05/25)

GfK消費者信頼感、6月はやや悪化(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

新素材開発コベストロ、M&Aに意欲(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

ディーゼル車規制、ハンブルクで31日から(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン