欧州司法裁「職場でのスカーフ禁止は合法」

欧州司法裁判所は14日、企業がイスラム教徒の女性に対して職場でのスカーフ着用を禁じることは、合法となり得るとの判決を下した。ただし社内規定に、目に見える政治的・思想的・宗教的シンボルの職場での着用を禁じることが明示されていること、また、この禁止が特定の宗教や信仰に対する偏見に基づいていないことが要件となる。

今回の判決は、英警備サービス大手G4Sのベルギー子会社で働いていたイスラム教徒の女性が起こした裁判に対して下されたもの。原告は職場でスカーフを着用していたことを理由に解雇されたことは差別を禁じる欧州連合(EU)法に反するとして提訴。この女性はベルギーで第1審、2審ともに敗訴しており、最高裁に当たる破棄院が欧州司法裁に判断を求めていた。

スカーフ着用の禁止は宗教に基づく間接的差別に当たる可能性があるが、欧州司法裁は、雇用主が宗教やイデオロギーの中立性という合法的な方針を全社員に平等に適用する場合、禁止は正当化され得ると判断した。ただし、この場合はキリスト教を連想させる十字架やユダヤ教徒の男性が使用する「キッパ」と呼ばれる帽子などの着用も併せて禁止される格好となる。

一方、欧州司法裁は併せて、顧客からの苦情を理由にスカーフ着用を禁じることは違法との見解を明らかにした。この場合は禁止が主観的な考察に基づくため。これは、仏IT(情報技術)コンサルティング会社マイクロポール(Micropole)でデザインエンジニアとして働いていた女性が起こした訴訟に関するもの。同社は顧客からスカーフへの苦情があったとして、接客時にスカーフを外すよう女性に求めたが、従わなかったことを理由に解雇を通告した。女性はこれを不服としてフランスの裁判所に提訴。その後、欧州司法裁判に判断が委ねられていた。[労務][EU規制]


関連国・地域: フランスEU
関連業種: 社会・事件雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

ギリシャ、金融支援脱却後の成長計画を発表(05/25)

MKB銀行、最大30%株を上場へ(05/25)

ガスプロム、罰金回避へ EU競争法違反巡る問題に決着(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

<連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第3回 進むユーロ安の背景(05/25)

独GDP成長率、改定値も0.3%(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

ディーゼル車規制、ハンブルクで31日から(05/25)

【ウイークリー統計】第8回 老年人口指数と若年層の実家暮らし(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン