• 印刷する

ベルリン2空港のスト、15日早朝まで延長

ベルリン北西部にあるテーゲル空港と旧東ベルリンのシェーネフェルト空港で進行中の地上職スタッフ約2,000人によるストが、15日午前5時(現地時間)まで継続される。当初の計画から1日延長された格好。ドイツの統一サービス産業労組ヴェルディ(Ver.di)が13日発表した。

ストは賃上げをめぐるもので、労組側は1年間の労働協約の一環として、時給を現在の11ユーロから12ユーロへ引き上げるよう要求している。経営側は当初、向こう4年間で1時間当たり10セントを提示し、その後に3年間で8%の賃上げに条件を引き上げていた。

ロイター通信によると、10日以降に1,000便以上がキャンセルに追い込まれている。両空港にはルフトハンザ航空のほか、エアベルリン、格安航空ライアンエアー(アイルランド)などが乗り入れているが、これらの航空会社はベルリンからバスで約2時間ほどの場所にある、ドレスデンやライプチヒの空港に発着する代替ルートで対応している。[労務]


関連国・地域: ドイツアイルランド
関連業種: 運輸雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

FCA、エンジーなどとEV充電網で提携(06/17)

エアバス、7カ国と「A400M」の契約改定(06/17)

ユーロ圏共通予算骨子で合意 財源や予算規模で協議継続(06/17)

バイエル、除草剤の代替品開発に大型投資(06/17)

VW、商用車部門のIPO仮条件を設定(06/17)

駐在員の生活費、欧州首位はチューリヒ(06/17)

VW世界販売、5月は3.6%減少(06/17)

ゲルリッツ市長選、極右AfD勝利の見通し(06/17)

石油トタル、リビアで事業免許更新に着手(06/17)

A・シュプリンガー、米子会社を来年統合へ(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン