• 印刷する

ウィーンの動物園、鳥インフルでペリカン殺処分

ウィーンのシェーンブルン動物園は10日、鳥インフルエンザウイルスに感染したペリカン20羽を殺処分したと発表した。園内の他の鳥への感染を防ぐため。ロイター通信などが伝えた。

同動物園は9日に鳥インフルエンザの感染を確認。検出されたウイルスは高病原性のH5N8型で、処分はウィーン市当局と共同で行われた。園内のペリカンは、昨年12月から感染予防のため隔離されていた。

鳥インフルエンザは昨秋以降、欧州各地に感染が拡大。オーストリアのほか英国、ドイツ、フランス、イタリア、オランダ、スイス、ポーランド、ハンガリー、チェコ、リトアニア、ブルガリア、セルビア、マケドニアなどでもウイルスが検出されている。

感染拡大を防ぐため、ドイツではこれまでに少なくとも計77万6,000羽の家禽(かきん)類が殺処分されている。また、フランスでは2月、同政府がフォアグラの一大生産地であるフランス南西部で、新たにアヒル60万羽を殺処分することを決定した。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国ドイツフランスイタリアオーストリアスイスオランダポーランドチェコハンガリーブルガリアセルビア北マケドニアリトアニア
関連業種: 農林・水産観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

欧州投資銀、ボレアリスに2.5億ユーロ融資(09/28)

伊藤忠、ボレアリスとバイオPPで提携(09/28)

ギュッシング、タイで発電所を増設へ(09/28)

石油OMV、ガス導管子会社の過半数株売却(09/24)

英の新原発巡る裁判、原告が敗訴=建設続行(09/23)

サウジ社、ブルガリアの太陽光発電所を売却(09/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン