• 印刷する

スイス上院、全国レベルでのブルカ禁止を否決

スイスの全州議会(上院、定数46)は9日、イスラム教徒の女性が着用する「ブルカ」や「ニカブ」など顔全体を覆うベールについて、公共の場での着用を全国的に禁止する法案を否決した。同法案は昨年9月、国民議会(下院、定数200)を僅差で通過していた。

スイスではすでにイタリア語を公用語とする南部ティチーノ(Ticino)州で、公共の場にて顔全体を覆うベールを着用することを禁止する法案が住民投票で可決。昨年7月に施行が始まっている。違反者には100~1万スイスフラン(99~9,900ドル)の罰金が科されている。

こうした中、第1党で右派の国民党(SVP)の所属議員ウォルター・ウォブマン氏が、これを全国的に施行する法案を提出。下院では、88対87の賛成多数で可決されたものの、上院がこれを阻んだ格好だ。

なお、ウォブマン氏は今年3月、同法案の是非を問う国民投票の実施に向けたキャンペーンを開始。今年9月までに国民投票の実施に必要な10万人の署名を集める目標を掲げている。

なお、欧州ではフランスやベルギー、ドイツ南部のバイエルン州がすでに公共の場でのブルカ着用を禁じているほか、昨年12月にはオランダで同様の法案が可決。オーストリア政府も現在、こうした法案を検討している。


関連国・地域: ドイツフランスベルギーイタリアオーストリアスイス
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

チューリッヒ保険、米社の事業取得を協議(11/24)

スイス社、イスラエルのサイバーコンサル買収(11/23)

ネスレ、ソフィア工場の生産能力拡大へ(11/23)

食品ネスレ、ベトナムにコーヒー体験施設(11/23)

ABB、3事業の売却・分社化などを検討(11/20)

スイス、民間人への賄賂を税控除の対象外に(11/12)

検査SGS、シンラブの分析事業を取得(11/11)

リシュモンとアリババ、英社に出資(11/10)

リシュモン、上半期は82%減益(11/09)

クレディ・スイス、第3四半期は38%減益(11/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン