• 印刷する

スイス南部シオン、2026年冬季五輪招致へ

スイス南部バレー州の州都シオン(Sion)が2026年冬季オリンピックの候補地に名乗りを挙げる――。スイスのオリンピック委員会が7日、シオンの五輪招致計画の支持を決めた。4月11日のスポーツ議会での正式な承認を経て正式に立候補する。ザ・ローカルが伝えた。

2026年冬季オリンピックの候補地を巡っては、東部グラウビュンデン州も意欲を示していたが、同州の基礎自治体であるダボスとサンモリッツが先月、住民投票で招致を否決。両都市は2022年冬季五輪に続き、住民の反対で招致を断念する格好となった。

シオンへの五輪招致は、バレー州とボー州が合同で提案。シオンのほか、ローザンヌやツェルマット、シャンペリー(Champery)、ベルビエ(Verbier)など両州の14カ所に競技会場を設ける計画だ。

2026年冬季オリンピックの招致レースにはシオンのほか、札幌、オーストリアのインスブルック、カナダのカルガリーが参加するとみられている。国際オリンピック委員会(IOC)は2019年に開催地を決定する。

スイスでは1928年と1948年にサンモリッツで冬季五輪が開催されている。なお、2018年の冬季五輪は韓国の平昌で、2022年は中国の北京で開催される予定。


関連国・地域: オーストリアスイスアジアカナダ
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【欧州企業よもやま話】第315回:シグ 老舗が手掛けるエコボトル(09/30)

ネスレ、植物由来の食品の売れ行き好調(09/30)

スイス、EUとの人の移動自由を維持(09/29)

製薬ロシュ、15分の検査キットを欧州で展開(09/25)

ダボス会議、来年はダボス以外で開催か(09/25)

スイス、移民問題など巡り27日国民投票(09/25)

ブラックストーン、3D印刷の固体電池開発(09/24)

アブディ・イブラヒム、スイス社の株式取得(09/23)

ラファージュホルシム、排出量を2割削減へ(09/22)

クレディ・スイス、QIAと民間信用事業(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン