仏の動物園、密猟者がサイを射殺=角持ち去る

パリ西郊のトワリー(Thoiry)動物園で7日朝、飼育されているシロサイが檻の中で射殺されているのが見つかった。角が持ち去られており、密猟者による犯行とみられている。

死んでいたのは4歳のシロサイで、頭部に3発の銃弾を受け、2本ある角のうち1本がチェーンソーで切られていた。2本目にも切断しようとした痕跡があった。

サイの角は、ベトナムや中国などの闇市場で1キロあたり4万ポンド前後という高値で取り引きされており、毎月約100頭の野生のサイが密猟の餌食になっているという。過去には、博物館で展示されていた角が盗まれた事例もあるが、動物園内で密猟が行われたのは欧州では前代未聞。欧州の動物園では計250頭が飼育されている。

シロサイは1800年代後半には絶滅の危機にあったが、保護活動により現在は約2万頭まで増えた。動物保護団体は、近年、動物園を狙った密猟事件が増えており、保護活動に加えて動物園の警備の重要性も増していると指摘している。[環境ニュース]


関連国・地域: フランスアジア
関連業種: 商業・サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

エアバス、衛星機能持つ太陽光ドローン公開(07/20)

欧州委、RBPLの中核銀行業務売却を承認(07/20)

広告ピュブリシス、上半期は19%減益(07/20)

エミレーツ航空、フランス便を8月から増便(07/20)

エアバス、印新興企業3社と事業提携(07/20)

BASF、ベルギーの3D印刷技術社に投資(07/20)

イージージェット、仏で航空スト巡り提訴(07/20)

アクサ、UAE再保険会社の過半数株取得へ(07/19)

トルコ自動車生産、6月は7.1%減少(07/19)

石油トタル、印ITタタと技術開発で提携(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン