• 印刷する

スウェーデンで来年から徴兵制が復活

スウェーデン政府は2日、2018年から徴兵制を再開する方針を明らかにした。ロシアがバルト海での軍事演習を活発化させる中、志願兵だけでは必要な軍隊規模を確保できなくなっているため。

スウェーデンは武装中立国で、以前は男子にのみ兵役義務があったが、2010年に廃止されていた。新たな徴兵制は男女両方が対象。まず、1999年生まれの国民から書類審査で選ばれた1万3,000人が体力・心理テストを受け、最終的に4,000人が来年1月1日に徴用される。兵役期間は9カ月から1年。2019年も同じ人数を徴用するが、2020年以降は徐々に人数を増やし、2022年以降は年間8,000人に拡大する。

スウェーデンは陸海空軍のほか予備部隊である郷土防衛隊を保有する。フランス国際関係研究所(IFRI)の報告書によると、2015年時点でスウェーデン軍のフルタイム兵士数は5万2,000人。このうち陸海空軍の正規兵は2万人で、残りのほとんどは契約ベースで郷土防衛隊に属する。

政府によると、国会議員の70%はこの案を支持している。


関連国・地域: フランススウェーデンロシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

アルファ・ラバル、制御バルブのネレス買収(07/14)

ボルボ、英ブロックチェーン会社に投資(07/09)

通信テレ2、ニルソンCEOが9月に退任(07/08)

ノキア、5G機器の失敗から巻き返しへ(07/08)

高級車ボルボ、欧州全域で充電サービス展開(07/08)

ボルボとヴィオニア、合弁の分割完了(07/07)

テシス、オマーン政府と探鉱生産分与契約(07/07)

エレクトロラックス、ハンガリーで生産終了(07/03)

高級車ボルボ、220万台リコール=過去最大(07/02)

スウェーデン、新型コロナ対策の妥当性調査(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン