• 印刷する

スウェーデンで来年から徴兵制が復活

スウェーデン政府は2日、2018年から徴兵制を再開する方針を明らかにした。ロシアがバルト海での軍事演習を活発化させる中、志願兵だけでは必要な軍隊規模を確保できなくなっているため。

スウェーデンは武装中立国で、以前は男子にのみ兵役義務があったが、2010年に廃止されていた。新たな徴兵制は男女両方が対象。まず、1999年生まれの国民から書類審査で選ばれた1万3,000人が体力・心理テストを受け、最終的に4,000人が来年1月1日に徴用される。兵役期間は9カ月から1年。2019年も同じ人数を徴用するが、2020年以降は徐々に人数を増やし、2022年以降は年間8,000人に拡大する。

スウェーデンは陸海空軍のほか予備部隊である郷土防衛隊を保有する。フランス国際関係研究所(IFRI)の報告書によると、2015年時点でスウェーデン軍のフルタイム兵士数は5万2,000人。このうち陸海空軍の正規兵は2万人で、残りのほとんどは契約ベースで郷土防衛隊に属する。

政府によると、国会議員の70%はこの案を支持している。


関連国・地域: フランススウェーデンロシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ABB、越にロボット技術センター開設(12/12)

ダンスケ銀、スウェーデンの年金事業を売却(12/12)

アップルペイ、ドイツで運用開始(12/12)

物流パレットウェイズ、ハンガリー進出(12/11)

スカニア、水素燃料電池のごみ収集車開発へ(12/11)

イケア、マ・サバ州で300万本の植林を完了(12/11)

昨年のテロ件数、トルコが欧州で最も減少(12/11)

RBS、ブレグジットで蘭に一部資産移管も(12/10)

ドイツ、5G網構築で華為技術の参加に懸念(12/10)

家電6社、仏当局が価格カルテルで罰金(12/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン