欧州出身の在英医師、過半数が移住を検討

欧州出身の在英医師の過半数が、英国の欧州連合(EU)離脱の決定を受けて国外への移住を検討している。医師資格の登録を管理する医事委員会(GMC)の調査で、このような実態が明らかになった。国民医療制度(NHS)の医師不足が深刻化する恐れも出ている。

GMCはEUにノルウェー、アイスランド、リヒテンシュタインを加えた欧州経済領域(EEA)出身の医師2,100人余りを対象にメールで聞き取り調査を実施。うち1,280人が英国を離れることを検討中と回答し、その9割以上がブレグジットを理由の1つに挙げた。2年以内の移住を考える医師は586人に上っている。

EEA出身の医師は現在、約1万200人とNHS全体の9%ほどを占める。GMCのチャーリー・マッシー事務局長は「EEAの医師は英国の医療サービスに多大な貢献をしている」と指摘。「医師の渡英を妨げる無用な障壁を作ってはならない」と訴えている。[労務]


関連国・地域: 英国EUノルウェーアイスランドリヒテンシュタイン
関連業種: 医療・薬品雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

パディー・パワー、米事業を米社と統合(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

小売売上高、4月は1.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

生産者物価、4月は2.7%上昇(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

GFG、豪VIC州にEV製造拠点を建設か(05/25)

資源リオ、インドネの鉱山の権益売却を否定(05/25)

インフレ率、2.4%に減速 2017年3月以降で最低(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン