• 印刷する

欧州出身の在英医師、過半数が移住を検討

欧州出身の在英医師の過半数が、英国の欧州連合(EU)離脱の決定を受けて国外への移住を検討している。医師資格の登録を管理する医事委員会(GMC)の調査で、このような実態が明らかになった。国民医療制度(NHS)の医師不足が深刻化する恐れも出ている。

GMCはEUにノルウェー、アイスランド、リヒテンシュタインを加えた欧州経済領域(EEA)出身の医師2,100人余りを対象にメールで聞き取り調査を実施。うち1,280人が英国を離れることを検討中と回答し、その9割以上がブレグジットを理由の1つに挙げた。2年以内の移住を考える医師は586人に上っている。

EEA出身の医師は現在、約1万200人とNHS全体の9%ほどを占める。GMCのチャーリー・マッシー事務局長は「EEAの医師は英国の医療サービスに多大な貢献をしている」と指摘。「医師の渡英を妨げる無用な障壁を作ってはならない」と訴えている。[労務]


関連国・地域: 英国EUノルウェーアイスランドリヒテンシュタイン
関連業種: 医療・医薬品雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

独仏首脳、英に代替案を要求 EU離脱協定の国境問題巡り(08/23)

保守党の支持率、労働党を大きく上回る(08/23)

英国の石油備蓄、合意なき離脱なら半減へ(08/23)

石油シェル、豪ERMパワーに買収提案(08/23)

CBI小売売上高、8月は大きく悪化(08/23)

英、韓国とFTA調印=EU離脱に備え(08/23)

ライアンエアー、英操縦士が48時間スト(08/23)

高速鉄道HS2、計画中止も 政府諮問委が費用対効果を再検討(08/22)

ライアン、愛操縦士スト阻止 高等裁判所が差し止め命令(08/22)

ジョンソン首相、メルケル独首相と協議(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン