• 印刷する

ベラルーシで原発賛成派が増加

ベラルーシで、原発賛成派が増加している――。こうした傾向が、ベラルーシ国立科学アカデミーの社会学研究所による最新の年次世論調査で明らかになった。国営通信社ベルタ(BELTA)が1日伝えた。

それによると、同研究所は2016年5月、ベラルーシに住む2,000人を対象に、同国の燃料・エネルギー分野の現状および今後の展望に関する世論調査を実施した。この結果、原子力発電プロジェクトを支持するとの回答は全体の49.8%に上り、前回調査の47.8%から増加した。一方、分からないとする回答は、32.4%から29%に低下した。

原発支持者は女性より男性が多く、男性の支持率が55.9%に上ったのに対し、女性は44.8%にとどまった。また若年層に限ると、50.9%が原発を支持。一方、年金生活者の支持率は48.4%だった。居住地域別に見ると、都市部では48.4%、農村部では53.9%が支持すると回答した。

なお、全回答者の55.7%が、原子力発電所の設置で、同国のエネルギー事情が改善するとみていることが分かった。また、原発の稼働により、ベラルーシの製品やサービスが国際競争力をつけることができるとみている人の割合も、34.9%に達している。

同研究所によると、一般的に原発事故を経験していない国では原発賛成派が多く、韓国やフランスでは約60%が原発に肯定的な見方を示している。また、ロシアでは75%以上が原発に賛成しているという。[環境ニュース]


関連国・地域: フランスロシアベラルーシアジア
関連業種: 電力・ガス・水道サービスマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ベラルーシ大統領、隣国との国境を閉鎖(09/21)

コレスニコワ氏、国家安全脅かした罪で起訴(09/18)

ロシア、ベラルーシに15億ドル融資へ(09/16)

ベラルーシ大統領、露大統領と会談(09/15)

ベラルーシで反体制派幹部の連行続く(09/10)

コレスニコワ氏、ウクライナ国境で拘束か(09/09)

ベラルーシ、反体制派の指導者が行方不明(09/08)

露首相、ベラルーシへのワクチン供給を確約(09/07)

ベラルーシで国営メディア記者の辞職相次ぐ(09/04)

バルト3国、ルカシェンコ大統領らに制裁(09/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン