ブルガリア与党、社会党とのわずかなリード守る

3月26日に総選挙を控えたブルガリアで、中道右派の与党「欧州発展のためのブルガリア市民(GERB)」が、親露派の野党・社会党とのわずかなリードを守った。独立系の調査機関アルファ・リサーチの最新の調査を基に、ロイター通信が27日伝えた。

調査は2月16~23日に、1,024人を対象に行われた。この結果、GERBの支持率は31.5%と、前回調査から1.1ポイント低下。一方、社会党は0.8ポイント伸ばし、29.6%に達した。これにナショナリスト政党が手を組んだ「統一愛国者連合(UP)」(10.8%)、少数民族のトルコ系の政党「権利と自由運動(MRF)」(6.8%)、同国の実業家バセリン・マレシュキ氏が率いる新党「意思」(5.7%)が続く。

GERBは2014年の前回選挙で社会党を下し政権交代を実現。前ボリソフ政権は経済成長と低失業率を達成したものの、汚職を食い止めることに失敗し、国民からの支持を失っていた。昨年11月に実施された大統領選では、社会党が推す元空軍司令官のラデフ氏がGERBの候補を破って当選。GERBを率いるボリソフ首相は辞任し、その後の連立協議に失敗したため、早期総選挙が決まった。ラデフ氏は今年1月に大統領に就任している。


関連国・地域: ブルガリアロシア
関連業種: 経済一般・統計社会・事件雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

オーストリア・ポスト、南東欧事業を統合へ(05/25)

ガスプロム、罰金回避へ EU競争法違反巡る問題に決着(05/25)

ユーロ未採用の7カ国、導入条件満たさず(05/24)

独フェスト、ブルガリア工場に追加投資(05/23)

日立、露車両製造TMHと合弁設立(05/23)

海航集団など、ブルガリアの空港に投資へ(05/22)

米国の対イラン制裁に対抗策 EU、欧州企業の保護へ行動指針(05/21)

ブルガリア運送業界、EUの待遇規制に抗議(05/21)

欧州委、大気汚染規制違反で英独仏など提訴(05/21)

DEPA、送ガス子会社を伊エニに売却(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン