• 印刷する

BAの客室乗務員、3月3日から7日間スト

英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の客室乗務員が、3月3~9日に7日間のストライキを決行する。賃上げ交渉をめぐるもので、年初からのスト日数は計26日間に達する見込み。

BAはこれまで、欠員を補うために他社のチャーター機や機体と客室乗務員などをセットで借りる「ウェットリース」を利用してストの影響を回避。今回も全ての乗客が目的地に到着できるとしている。

BAの親会社であるインターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)が先に発表した2016年通期決算によると、純利益は前年比29.3%増の19億9,000万ユーロに上った。英最大労組ユナイトは、大幅な増益を達成している以上、労使交渉の解決に向けて低賃金に対処するべきだと主張している。

ストは、長距離便と短距離便の両方での乗務を担う雇用契約の客室乗務員の賃上げをめぐるもの。会社側は年間の給与が2万1,000ポンド超としているが、実際は初任給1万2,192ポンドにフライト1時間当たり3ポンドが上乗せされる形となっている。労組によると、平均年収は1万6,000ポンドにとどまる。会社側は昨年末、1年目に2%、2~3年目にそれぞれ2.5%の賃上げを提案したが、労組はこれを拒否した。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

BAE、仕入先を大幅見直し 戦闘機への先端技術導入を促進(07/14)

アズダ、最高裁で賃金格差訴訟の審理開始(07/14)

STC、ボーダフォン・エジプト株取得延期(07/14)

NTTデータ、全英オープンをAIで支援(07/14)

英、入国後の自主隔離を撤廃 観光・航空業界の回復後押し(07/13)

チェコのEPH、英領北アの発電所を刷新(07/13)

イングランド、25日からジムやプール再開(07/13)

仏社、アルミ製EV電池ケースで連合(07/13)

英政府の新道路計画、EV排出削減量を相殺(07/13)

HSBC、ベトナムで再生プラ工場に融資(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン