• 印刷する

EUの農業食品輸出高、昨年は過去最高に

欧州委員会は23日、2016年の欧州連合(EU)加盟国の農業食品の域外輸出高が1,307億ユーロとなり、前年から1.3%増えて過去最高の水準に達したと発表した。

輸出高を相手先別に見ると、トップは米国で206億ユーロ。これに中国(114億ユーロ)、スイス(78億ユーロ)、日本(58億ユーロ)が続く。ロシアは56億ユーロと、前年の4位から5位に後退した。同国はEUからの農産物を一部禁輸した影響で近年、順位を落としている。一方、輸出高の伸びが金額ベースで最も大きかったのは、米国(12億6,000万ユーロ)と中国(10億6,000万ユーロ)だった。

輸出品目別では、ワイン・サイダー・酢が107億ユーロで最も多く、2位はスピリッツ・リキュールの102億ユーロ。輸出高の伸びが目立ったのは豚肉とオリーブ油で、それぞれ1年前から12億8,000万ユーロ、4億2,500万ユーロ増えた。

一方、農業食品の輸入高は全体で1,120億ユーロと、こちらは1.5%減少した。この結果、農業食品の輸出超過額は188億ユーロとなり、1年前の153億ユーロから黒字が拡大。農業食品はEUの貿易黒字全体(393億ユーロ)の約48%を占めている。


関連国・地域: EUスイスロシアアジア米国
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

カザフスタン政府、独自の炭素税導入を検討(09/17)

疑問符だらけ、英国の水素戦略 <連載コラム・エネルギーTODAY>第54回(09/17)

スペイン電力業界、価格引き下げ策に反発(09/17)

欧州新車登録、8月は18.1%減少(09/17)

欧州委員長、コロナ対策など施政方針演説(09/17)

英韓2社、65都市に空飛ぶタクシーのハブ(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン