• 印刷する

レゴの屋内型アトラクション、ハンガリー進出へ

娯楽施設の運営を手掛ける英マーリン・エンターテインメンツが展開する「レゴランド・ディスカバリー・センター」が、ハンガリー北東部のニーレジハーザ(Nyiregyhaza)に設立されるもようだ。観光業の強化に注力するコバーチ・フェレンツ市長が、フェイスブックで明らかにした。オンラインメディア「index.hu」が23日伝えた。

「レゴランド・ディスカバリー・センター」は、3~10歳を対象とした屋内型アトラクション施設で、同じくマーリンが手掛ける「レゴランド」よりも規模は小さい。既に英国、ドイツ、米国、カナダ、トルコ、日本、中国に進出している。ハンガリーでは2020年にオープンする予定で、投資額は95億フォリント(3,250万ドル)に達する見込み。

ニーレジハーザ市は既に、デンマークの玩具大手レゴ・グループの新工場の誘致も決めている。


関連国・地域: 英国ドイツデンマークトルコハンガリーアジア米国カナダ
関連業種: その他製造建設・不動産観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

保険ゼネラリ、米同業の中欧資産取得で協議(05/23)

トタル、独製油所で生産調整=露産原油問題(05/23)

中欧4カ国、担当相らが高速鉄道の建設支援(05/23)

ベラルーシ、石油製品の輸出規制が撤廃(05/23)

ハンガリーから墺への越境通勤者が増加傾向(05/22)

露、ポーランドに導管経由の原油供給を再開(05/21)

GOF、グルテンフリー向けに工場開設(05/20)

メルセデス、ハンガリー工場拡張を一時中断(05/17)

【ウイークリー統計】第37回 果物・野菜の摂取頻度と主観的健康感(05/16)

トランスネフチ「原油汚染の早期解決困難」(05/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン