• 印刷する

レゴの屋内型アトラクション、ハンガリー進出へ

娯楽施設の運営を手掛ける英マーリン・エンターテインメンツが展開する「レゴランド・ディスカバリー・センター」が、ハンガリー北東部のニーレジハーザ(Nyiregyhaza)に設立されるもようだ。観光業の強化に注力するコバーチ・フェレンツ市長が、フェイスブックで明らかにした。オンラインメディア「index.hu」が23日伝えた。

「レゴランド・ディスカバリー・センター」は、3~10歳を対象とした屋内型アトラクション施設で、同じくマーリンが手掛ける「レゴランド」よりも規模は小さい。既に英国、ドイツ、米国、カナダ、トルコ、日本、中国に進出している。ハンガリーでは2020年にオープンする予定で、投資額は95億フォリント(3,250万ドル)に達する見込み。

ニーレジハーザ市は既に、デンマークの玩具大手レゴ・グループの新工場の誘致も決めている。


関連国・地域: 英国ドイツデンマークトルコハンガリーアジア米国カナダ
関連業種: その他製造建設・不動産観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ハンガリーで“奴隷法”反対デモ続く(01/22)

オペル、ポーランド南部で新エンジン生産(01/22)

独アイスマン、ハンガリー工場拡張へ(01/21)

OTP、ソジェンのブルガリア事業買収完了(01/18)

独シェフラー、東部でベアリング工場拡張(01/18)

独ビュルクレ、ハンガリー東部で工場着工(01/17)

オットー・フックス、ブダペストで用地取得(01/17)

ハンガリーのインフレ率、12月は2.7%(01/16)

仏、ベルギー国境の野生イノシシを殺処分へ(01/16)

ブダペスト空港、昨年の利用者数は14%増加(01/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン