• 印刷する

レゴの屋内型アトラクション、ハンガリー進出へ

娯楽施設の運営を手掛ける英マーリン・エンターテインメンツが展開する「レゴランド・ディスカバリー・センター」が、ハンガリー北東部のニーレジハーザ(Nyiregyhaza)に設立されるもようだ。観光業の強化に注力するコバーチ・フェレンツ市長が、フェイスブックで明らかにした。オンラインメディア「index.hu」が23日伝えた。

「レゴランド・ディスカバリー・センター」は、3~10歳を対象とした屋内型アトラクション施設で、同じくマーリンが手掛ける「レゴランド」よりも規模は小さい。既に英国、ドイツ、米国、カナダ、トルコ、日本、中国に進出している。ハンガリーでは2020年にオープンする予定で、投資額は95億フォリント(3,250万ドル)に達する見込み。

ニーレジハーザ市は既に、デンマークの玩具大手レゴ・グループの新工場の誘致も決めている。


関連国・地域: 英国ドイツデンマークトルコハンガリーアジア米国カナダ
関連業種: その他製造建設・不動産観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

政府補助金、自動車販売1万台押し上げも(03/20)

OTP銀、スロベニア行の入札で最高額提示(03/19)

独経済、第1四半期も低迷=連銀月報(03/19)

<ブレグジットと欧州の行方>第15回 「泥沼の女」メイ首相に3度目、4度目の正直はあるのか(03/18)

EUの難民申請件数、昨年は11%減少(03/18)

INA、中部拠点の刷新に数百万ユーロ投資(03/15)

大統領選、環境派弁護士が最有力(03/15)

EU、内部告発者の保護強化で暫定合意(03/13)

ハンガリー貿易収支、1月は黒字縮小(03/12)

ブルガリアの新ガス導管、3グループが応札(03/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン