トルコ、女性兵士のスカーフ着用を許可

トルコ政府は22日、女性兵士が頭髪を覆うスカーフ(ヒジャブ)を着用することを認めると発表した。制帽の下に、制服と同じ色で無地のものに限り着けることができる。国防省の発表を元に、BBC電子版などが伝えた。

トルコでは1980年以降、政教分離政策の一環でイスラム教徒の女性が公共の場でヒジャブを着用することを禁止してきた。しかし、与党・公正発展党(AKP)は段階的にこれを解除。2013年には大学生と官公庁職員、2014年には中高生に着用を許可したほか、昨年8月には対象を警察官に拡大した。軍隊はスカーフ着用が認められていない唯一の政府機関で、政教分離の牙城とされてきた。

トルコではイスラム教徒が国民の大部分を占めており、エルドアン大統領は「着用禁止は反自由主義的な過去の遺物」と断じてきた。一方、政教分離を支持する層からは、同大統領の強権化の一環との批判も出ている。


関連国・地域: トルコ
関連業種: 社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

トルコ鉱工業生産、5月は6.4%増に加速(07/20)

トルコ自動車生産、6月は7.1%減少(07/19)

トルコ失業率、4月は10.3%に悪化(07/18)

エアバス、クウェートの航空会社が25機発注(07/18)

トルコ、非常事態宣言を18日に終了へ(07/17)

トルコのR&D投資、2017年は17.5%拡大(07/16)

三菱電機、ニース空港向け風観測装置を受注(07/13)

トルクセル、ブロックチェーン企業連合に参加(07/12)

【ウイークリー統計】第15回 旅行しない理由と人気旅行先(07/12)

エルドアン大統領が正式就任=財務相に娘婿(07/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン