オランダ下院、大麻の商業栽培認める法案を可決

オランダの第2院(下院に相当、定数150)は21日、一定の条件下での大麻の商業栽培を認める法案を、77対72の僅差で可決した。成立にはさらに第1院(上院、定数75)の承認が必要だが、第2院で反対票を投じた政党が多数派を占めるため、可決は困難とみられている。BBC電子版などが伝えた。

同国では、大麻は厳密にはまだ違法だが、1976年の法改正で5グラム以下の所持が処罰の対象から外された。しかし個人での使用を目的とした少量の栽培を除き、その生産は違法とされてきた。そのため、少量の大麻を合法的に販売する約600店の「コーヒーショップ」は、仕入れをしばしば闇ルートに頼らざるを得ないという歪んだ状況が生まれている。

中道政党の民主66(D66)が提出した今回の法案は、こうした立法の矛盾の解消に向けたもので、大麻の栽培を政府の管理下に置くことを目指す。


関連国・地域: オランダ
関連業種: 農林・水産商業・サービス観光・娯楽社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

欧州委、RBPLの中核銀行業務売却を承認(07/20)

ユニリーバ、2.4%減益 ストの影響で中南米落ち込む(07/20)

EU、中国の電動自転車に反ダンピング関税(07/20)

グリーナジー、蘭のバイオ燃料工場を取得(07/20)

アクゾノーベル、第2四半期は10%減益(07/19)

半導体機器ASML、第2四半期は25%増益(07/19)

東レ、炭素繊維複合材料TCACの買収完了(07/19)

リンデ、独メッサーなどに米資産売却(07/18)

カーナビのトムトム、第2四半期は26%増益(07/18)

エールフランスKLM、中国との合弁一本化(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン