オランダ下院、大麻の商業栽培認める法案を可決

オランダの第2院(下院に相当、定数150)は21日、一定の条件下での大麻の商業栽培を認める法案を、77対72の僅差で可決した。成立にはさらに第1院(上院、定数75)の承認が必要だが、第2院で反対票を投じた政党が多数派を占めるため、可決は困難とみられている。BBC電子版などが伝えた。

同国では、大麻は厳密にはまだ違法だが、1976年の法改正で5グラム以下の所持が処罰の対象から外された。しかし個人での使用を目的とした少量の栽培を除き、その生産は違法とされてきた。そのため、少量の大麻を合法的に販売する約600店の「コーヒーショップ」は、仕入れをしばしば闇ルートに頼らざるを得ないという歪んだ状況が生まれている。

中道政党の民主66(D66)が提出した今回の法案は、こうした立法の矛盾の解消に向けたもので、大麻の栽培を政府の管理下に置くことを目指す。


関連国・地域: オランダ
関連業種: 農林・水産商業・サービス観光・娯楽社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

アクゾ、印で生産増強に400万ユーロ投資(05/25)

ユニボールの豪社買収、取引成立に青信号(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

蓄電池ゾンネン、石油シェルが出資(05/24)

欧州の旅行先ランキング、伊北東部が首位に(05/24)

ウェールズの鉄道運営権、仏西連合が落札(05/24)

トルコの大統領、ボスニアへの投資を公約(05/22)

海航集団など、ブルガリアの空港に投資へ(05/22)

スペーシズ、比に大規模な共有オフィス開設(05/21)

ベルギーに物流業界版エアビーが登場(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン