バルセロナでガスボンベ積んだトラックが逆走

スペインのバルセロナ市内の環状道路で21日午前11時ごろ(現地時間)、数十本のガスボンベを積んだトラックが反対車線を逆走し、警察がフロントガラスなどに発砲して運転手を逮捕する一幕があった。現地紙ラ・バングアルディアなどが報じた。

バルセロナ市議会によると、トラックは盗難車だった。スウェーデン国籍とされる運転手には、精神科への通院歴があり、事件当時も向精神薬を服用していた可能性が指摘されている。

現場には約20人の警察官が6台のパトカーで駆け付けた。何度も警告したにもかかわらず、トラックは停止せず、数台の一般車両が追突されたが、けが人の有無は不明。ソイド内相は事件後、ツイッターで「テロ攻撃ではない」としている。


関連国・地域: スウェーデンスペイン
関連業種: 自動車・二輪車医療・薬品天然資源社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

リンデ、独メッサーなどに米資産売却(07/18)

仏競争委、小売業者の調達提携巡り調査(07/18)

欧州新車登録、5.2%増加 6月として過去最高を記録(07/18)

スペインのインフレ率、6月は2.3%に加速(07/17)

伊下院、元国会議員の年金削減案を可決(07/17)

スペイン、今年の財政赤字目標を引き上げ(07/16)

欧州委、ライアンエアーのラウダ買収を承認(07/16)

イベルドローラ、新興企業への投資が効果(07/16)

石油セプサ、UAEのムバダラが株式売却も(07/16)

ライアンエアー、愛でパイロットが追加スト(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン