• 印刷する

英国、商業宇宙飛行を2020年までに実現へ

英国内から2020年までに商業ロケットが飛び立つ――。英運輸省などが近く議会に提出を予定する「宇宙飛行法案」に関する情報を元に、スカイニュースが20日伝えた。

宇宙飛行法案は、商業宇宙飛行の規制を整備するとともに、この実現を促進するもので、宇宙産業の商業化という新市場で英国の主導権を握る狙いがある。政府は向こう20年間に、宇宙飛行市場の規模は250億ポンドを超えると予想する。

今回の法案提出に併せて、英宇宙局は、同分野の開発プロジェクトに1,000万ドルの補助金を供与するプログラムを立ち上げる。申請資格は、国内に少なくとも1カ所のロケット発射基地を持ち、小型衛星の打ち上げか準軌道飛行を計画する企業に与えられ、実現可能性が高いと判断された案件を支援する。

ジョー・ジョンソン大学・科学担当閣外相は「宇宙飛行は、英国が持つ科学や研究、革新技術といった強みを生かすことが可能。新市場への応用や高技術職の創出、国内経済の振興に貢献する」と話している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸サービス観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

首相、2度目の国民投票否定 「国民の信頼裏切ることに」(12/18)

エニ、メキシコ湾の権益をカタール社に売却(12/18)

SSE、Nパワーとの事業統合を断念(12/18)

ユーロ圏貿易収支、10月は黒字縮小(12/18)

日本生命、英で風力発電プロジェクトに融資(12/18)

ローラ・アシュレイ、英国で40店舗閉鎖へ(12/18)

電通、動画広告サービスのビデオビート買収(12/18)

英ブレグジット投票の費用は1.3億ポンド(12/18)

ブロバン事業者、割安契約の提示義務付けへ(12/17)

アイルランドで人工中絶許可法案が成立(12/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン