• 印刷する

英国、商業宇宙飛行を2020年までに実現へ

英国内から2020年までに商業ロケットが飛び立つ――。英運輸省などが近く議会に提出を予定する「宇宙飛行法案」に関する情報を元に、スカイニュースが20日伝えた。

宇宙飛行法案は、商業宇宙飛行の規制を整備するとともに、この実現を促進するもので、宇宙産業の商業化という新市場で英国の主導権を握る狙いがある。政府は向こう20年間に、宇宙飛行市場の規模は250億ポンドを超えると予想する。

今回の法案提出に併せて、英宇宙局は、同分野の開発プロジェクトに1,000万ドルの補助金を供与するプログラムを立ち上げる。申請資格は、国内に少なくとも1カ所のロケット発射基地を持ち、小型衛星の打ち上げか準軌道飛行を計画する企業に与えられ、実現可能性が高いと判断された案件を支援する。

ジョー・ジョンソン大学・科学担当閣外相は「宇宙飛行は、英国が持つ科学や研究、革新技術といった強みを生かすことが可能。新市場への応用や高技術職の創出、国内経済の振興に貢献する」と話している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸サービス観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

「通商合意なき離脱」回避を 英自動車協会、英・EUに要請(11/25)

【欧州企業よもやま話】第319回:ジョセフジョセフ さりげない「キッチン革命」(11/25)

ロシア、対ベトナム輸出が増加=石炭は低迷(11/25)

イングランド、入国者の隔離期間短縮へ(11/25)

英政府、華為排除で新たな通信法案を提出(11/25)

シネワールド、7.5億ドルの資金確保(11/25)

ディアジオ、持続可能な10カ年計画を発表(11/25)

給食コンパス・グループ、通期は75.9%減益(11/25)

英オクトパス・エナジー、ドイツに本格進出(11/25)

イネオス、韓国・現代自と水素事業で提携(11/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン