• 印刷する

シングルモルトの輸出高、昨年は過去最高に

スコッチウイスキーのシングルモルトの輸出高は2016年に10億2,000万ポンドとなり、初めて10億ポンドの大台を突破した。高級市場を狙った売り込みが奏功し、前年から9.6%増加している。英歳入関税庁(HMRC)のデータを元に、BBC電子版などが20日伝えた。

シングルモルトは、1カ所の蒸留所のモルト・ウイスキーだけで造られた製品で、オーク樽で最低3年以上熟成させたものを指す。スコッチウイスキー全体の輸出量の10%弱を占め、昨年はシングルモルトの生産量の93%が輸出に充てられた。

シングルモルトは2014~2015年、中国でぜいたく品の贈答を禁じる「倹約令」が発令されたことや、主力市場のベネズエラやブラジルの景気低迷を受け需要が低迷していた。

スコッチウイスキー全体の昨年の輸出高は、前年比4%増の39億9,900万ポンド。うち最大の輸出先である米国は8億5,400万ポンドと14%増加した。フランス(4億2,400万ポンド)のほか、東南アジアへの輸出ハブとしてのシンガポール(2億2,400万ポンド)、インド(9,600万ポンド)でも需要は旺盛だった。なお、ウイスキー投資会社ウイスキー・インベスト・ダイレクトによると、昨年後半の輸出高の伸びは、通貨ポンド安が追い風になったと分析している。


関連国・地域: 英国フランスアジア米国中南米
関連業種: 食品・飲料金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英米、鉄鋼関税の協議開始 中国の過剰生産対応で協力へ(01/21)

電池モンバット、英アルファハウスと提携(01/21)

ユニリーバ、GSKの部門買収額の増額拒否(01/21)

英求人広告、1割がリモートワーク提示(01/21)

スタンチャート、同業の香港信託事業を買収(01/21)

R・ロイス、シンガポール社と保守契約(01/21)

英、27日からコロナ規制緩和 在宅勤務推奨やマスク義務廃止(01/20)

資源リオ、セルビアのリチウム鉱床計画停止(01/20)

インフレ率、12月は5.4%=過去30年で最高(01/20)

生産者物価、12月は9.3%上昇(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン