• 印刷する

ブダペスト、2024年五輪招致から撤退も

ブダペスト市が2024年夏季オリンピック(五輪)の招致から撤退する可能性が高まっている。反対派が27万人近くの署名を集めたためで、撤退が決まった場合、招致レースに残るのはパリと米ロサンゼルスのみになる。ロイター通信などが伝えた。

ブダペストのタルローシュ市長によると、議会は22日に撤退の是非を審議する予定で、23日にもオルバン首相と会談して決断を下す方針とみられる。若者の反五輪団体「モメンタム」は17日までに26万6,151人分の反対署名を集めており、これは住民投票実施に必要な数の2倍弱に当たる。住民投票で反対票が上回れば、五輪開催を目標としてきたオルバン首相にとって痛手となるほか、政党の結成を目指すモメンタムには追い風が吹く格好となる。

国際オリンピック委員会(IOC)は、9月に2024年の開催地を発表する予定。ブダペスト市はかねて2028年夏季五輪開催地への立候補を検討していたが、4年前倒しで招致に乗り出した。中東欧初の開催国を目指していたものの、巨額の五輪開催費が社会保障に及ぼす影響への懸念を背景に、国民の間で反対意見が拡大している。2024年五輪をめぐっては、これまでにローマ、独ハンブルク、米ボストンが立候補を取りやめている。


関連国・地域: ドイツフランスイタリアハンガリー米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ハンガリー景況感、3月は悪化(03/26)

欧州委高官、中国投資の拒否権導入を提案(03/26)

家電販売エクストリーム、eMAGと事業合併(03/25)

欧州人民党、ハンガリー与党の参加資格停止(03/22)

政府補助金、自動車販売1万台押し上げも(03/20)

OTP銀、スロベニア行の入札で最高額提示(03/19)

独経済、第1四半期も低迷=連銀月報(03/19)

<ブレグジットと欧州の行方>第15回 「泥沼の女」メイ首相に3度目、4度目の正直はあるのか(03/18)

EUの難民申請件数、昨年は11%減少(03/18)

INA、中部拠点の刷新に数百万ユーロ投資(03/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン