• 印刷する

英国の鉄道遅延率、過去10年で最悪の水準に

英国で2016年に時間通りに到着した列車の本数が、過去10年で最低水準となった。全体の12.3%が定時運行に失敗した。英鉄道規制庁(ORR)が公表した全国の鉄道の遅延率を元に、プレス・アソシエーション(PA)が伝えた。

通勤列車は予定時刻から5分以内、長距離列車は10分以内の到着であれば遅延と見なさない。昨年の遅延率は、2006年9月までの12カ月間で記録した12.5%以来の高水準だった。特に、従業員によるストライキが頻発したサザン・レールを運営するゴーバイア(Govia)・テムズリンク・レールウェイ(GTR)の遅延率は25.4%に達している。

加えて、運休または30分以上遅延した便の割合は3.8%に達し、2003年以降で最悪となった。

業界団体のレール・デリバリー・グループ(RDG)は、ロンドンと英南東部では、鉄道網の混雑やストの長期化、改修工事に伴う遅延などが重なり、定時運行率に大きな影響を与えたと分析している。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

離脱協定案の支持求める メイ首相、英産業連盟の総会で(11/20)

グループIB、星に国際事業本部を開設へ(11/20)

ネスプレッソ、持続可能なアルミ導入へ(11/20)

A・ミタルと新日鉄住金、印社買収で承認(11/20)

メイ首相不信任投票への動きに失速の気配(11/20)

独経済相、マイナス成長受け減税策を検討(11/20)

新聞ジョンストン・プレス、社債権者が買収(11/20)

金融TSB、新CEOにクロスビー氏を指名(11/20)

ドイツ、サウジ政府関係者18人を入国禁止(11/20)

鉄道ヴァージン・トレインズ、米国進出(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン