• 印刷する

英国の鉄道遅延率、過去10年で最悪の水準に

英国で2016年に時間通りに到着した列車の本数が、過去10年で最低水準となった。全体の12.3%が定時運行に失敗した。英鉄道規制庁(ORR)が公表した全国の鉄道の遅延率を元に、プレス・アソシエーション(PA)が伝えた。

通勤列車は予定時刻から5分以内、長距離列車は10分以内の到着であれば遅延と見なさない。昨年の遅延率は、2006年9月までの12カ月間で記録した12.5%以来の高水準だった。特に、従業員によるストライキが頻発したサザン・レールを運営するゴーバイア(Govia)・テムズリンク・レールウェイ(GTR)の遅延率は25.4%に達している。

加えて、運休または30分以上遅延した便の割合は3.8%に達し、2003年以降で最悪となった。

業界団体のレール・デリバリー・グループ(RDG)は、ロンドンと英南東部では、鉄道網の混雑やストの長期化、改修工事に伴う遅延などが重なり、定時運行率に大きな影響を与えたと分析している。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

英、グリーン投資サミット開催 排出量ゼロ化へ計97億ポンド確保(10/20)

英政府、EV補助含む排出ゼロ戦略を発表(10/20)

英政府、家庭暖房の低炭素化に4.5億ポンド(10/20)

デルタ株の進化系、感染力はデルタ以上か(10/20)

英当局、ヒースロー使用料引き上げ案を提示(10/20)

クラーナ、英国で即時の全額決済を追加(10/20)

ウェールズ、独立検討の憲法委員会を新設(10/20)

ITのソフトライン、英露上場の仮条件設定(10/19)

英でEV部品生産に投資 フォード、販売目標達成に前進(10/19)

バルネバ、治験でアストラ製に優位性示す(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン