英国の鉄道遅延率、過去10年で最悪の水準に

英国で2016年に時間通りに到着した列車の本数が、過去10年で最低水準となった。全体の12.3%が定時運行に失敗した。英鉄道規制庁(ORR)が公表した全国の鉄道の遅延率を元に、プレス・アソシエーション(PA)が伝えた。

通勤列車は予定時刻から5分以内、長距離列車は10分以内の到着であれば遅延と見なさない。昨年の遅延率は、2006年9月までの12カ月間で記録した12.5%以来の高水準だった。特に、従業員によるストライキが頻発したサザン・レールを運営するゴーバイア(Govia)・テムズリンク・レールウェイ(GTR)の遅延率は25.4%に達している。

加えて、運休または30分以上遅延した便の割合は3.8%に達し、2003年以降で最悪となった。

業界団体のレール・デリバリー・グループ(RDG)は、ロンドンと英南東部では、鉄道網の混雑やストの長期化、改修工事に伴う遅延などが重なり、定時運行率に大きな影響を与えたと分析している。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 経済一般・統計運輸・倉庫雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

パディー・パワー、米事業を米社と統合(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

小売売上高、4月は1.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

生産者物価、4月は2.7%上昇(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

GFG、豪VIC州にEV製造拠点を建設か(05/25)

資源リオ、インドネの鉱山の権益売却を否定(05/25)

インフレ率、2.4%に減速 2017年3月以降で最低(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン