• 印刷する

アルプスの雪、22世紀までに7割が消失も

地球温暖化がこのまま進むと、アルプス山脈の雪が、22世紀までに最大70%が消失する――。スイス雪・雪崩研究所(SLF)が16日公表した研究で、こうした可能性が明らかになった。

同研究は、SLFとスイス連邦工科大学ローザンヌ校の研究員がまとめたもの。今後、温室効果ガスの排出量削減に失敗した場合、降水量は増加するものの、雪よりも雨となるケースが増え、2100年までに標高3,000メートル地点の積雪量は半減する見込みという。また、スキーなどのウィンタースポーツを楽しむための積雪量が確保できるのは標高2,500メートル以上のみとなり、アルプス山脈の雪が現在と比べ7割が失われる見通しだ。

一方、温室効果ガスの排出量削減などを通して、産業革命以前と比べた世界の気温の上昇幅を2度未満に抑えることができた場合、アルプス山脈の雪の消失量は3割程度に抑えることができるとしている。

国連気候変動枠組条約(UNFCCC)の第21回締約国会議(COP21)は2015年、2020年以降の温暖化ガス削減の世界的な枠組みとなる「パリ協定」を採択した。同協定には、世界の気温の上昇幅を2度未満に抑えるとする従来目標を強化し、1.5度に近付ける努力をするとの指針が盛り込まれている。[環境ニュース]


関連国・地域: スイス
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

建設インプレニア、土木部門の一部を売却へ(10/29)

STマイクロ、シンガポールに研究所開設へ(10/29)

ノバルティス、第3四半期は8%増益(10/28)

ブラックストーン、独東部に電池セル工場(10/27)

スイス時計の対香港輸出、9月は16%減(10/23)

独、英への渡航自粛を要請=入国者は隔離(10/23)

スイス金融UBS、第3四半期は99%増益(10/21)

MET、東部カバの太陽光発電所が稼働(10/20)

日立ABB、英仏海峡の送電線で通電試験(10/20)

食品ネスレ、北米の飲料水事業売却に着手か(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン