• 印刷する

フィンランドでロシア脅威論が後退

フィンランドでロシアを脅威と見なす国民が半分以下に減っている。世論調査会社タロウストゥトキムス(Taloustutkimus)が国営放送Yleの委託で実施したアンケートで、このような現状が明らかになった。

それによると、ロシアを脅威と考える人は47%にとどまり、過去最高だった2014年の56%から9ポイント低下。ロシア脅威論を吹聴する地元メディアに、必ずしも同調していないことが浮き彫りとなった。背景には、ウクライナ政権と同国東部を実効支配する親露派勢力の軍事紛争が、フィンランドでさほど報道されなくなったことがあるようだ。

またフィンランドでは北大西洋条約機構(NATO)への参加に懐疑的な意見も広がっている。タロウストゥトキムスの最新の世論調査によると、「加盟すべきか分からない」との回答が2014年の16%から28%に増加。加盟賛成は21%にとどまり、反対は51%に上った。


関連国・地域: フィンランドロシアウクライナ
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ノキア、データセンター向け新製品開発(07/13)

ノキア、5G機器の失敗から巻き返しへ(07/08)

DMP、フィンランド社と電子ミラー開発(07/03)

BASF、欧州に計画通りEV電池材料工場(06/30)

ノキア、仏事業アルカテルで1233人整理へ(06/23)

通信テリア、トルクセル株売却=トルコ撤退(06/19)

フィンランド、15日から近隣国への渡航解禁(06/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン