ユーロスター、ロンドンで顔認証ゲートを導入

英国とフランス、ベルギーを結ぶ国際高速鉄道ユーロスターは、ロンドンのセントパンクラス駅に自動国境管理システムを導入した。顔認証技術を利用した電子ゲートを設置し、英仏国境でのパスポート検査の時間短縮を図る。

電子ゲートを利用できるのは、欧州連合(EU)や欧州経済領域(EEA)の加盟国またはスイスのICチップ付き電子パスポートを保有する18歳以上の旅行者。フランスの国境管理に顔認証技術を採用したシステムが利用されるのは今回が初めて。また、民間の運輸サービス企業が国際鉄道拠点で導入するのも初のケースとなる。

同システムは、ポルトガルの自動国境管理システム大手ビジョンボックス(Vision-Box)が手掛けた。ユーロスターは年内にパリとブリュッセルの駅にも自動国境管理システムを導入する予定だ。


関連国・地域: 英国フランスEUベルギーポルトガル
関連業種: IT・通信運輸・倉庫観光・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

ルノー・日産・三菱、新興企業に5千万ドル(05/23)

ソニー、EMIを子会社化 ムバダラの保有株60%を取得(05/23)

航空IAG、NASに3度目の買収提案(05/23)

飲料アンバー、豪の大手卸売業者を買収(05/23)

バークレイズ、カタール融資問題で公訴棄却(05/23)

ルフトハンザ、北米路線で格安料金導入へ(05/23)

財政収支、4月は赤字縮小(05/23)

CBI製造業受注、5月は減速(05/23)

トヨタ、HV禁止なら英工場への投資停止も(05/23)

M&S、2022年までに国内100店舗超を閉鎖(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン