英航空BA、22日から再び4日間のスト

英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の客室乗務員が、22日から再び4日間のストライキを決行する。賃上げ交渉をめぐるもので、17~20日のスト直後に追加で実施する。経営幹部は交渉継続の可能性を否定しているが、最大労組ユナイトは「圧力をかけ続ける」ことが目的だとしている。

BAは、ロンドンのガトウィック空港やシティー空港の発着便は通常通り運航するほか、ヒースロー空港も全体の約1%に影響があるのみだと強気の姿勢を崩していない。ただ、BAは欠員を補うために他社から機体と客室乗務員などをセットで借りる「ウェットリース」を利用しており、これには1時間当たり2,000~3,000ポンドかかるため、労組は非難の声を強めている。

客室乗務員は既に、年初から計11日間のストを決行。5~11日に実施した計6日間のストでは34便がキャンセルとなったものの、BAによると全ての乗客が目的地に到着した。

ストは、長距離便と短距離便の両方での乗務を担う雇用契約の客室乗務員の賃上げをめぐるもの。求人広告では初任給が年間2万1,000~2万5,000ポンドとなっているが、実際は基本給1万2,000ポンドにフライト1時間当たり3ポンドが上乗せされる形になっている。ユナイトによると、年収の平均は1万6,000ポンドだという。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸・倉庫雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

アリオン銀行、2カ国のナスダックに上場へ(05/21)

セインズベリー買収計画で聞き取り調査(05/21)

英政府、シェールガス開発の追加支援策発表(05/21)

ロイズ銀、愛の住宅ローン資産を売却(05/21)

製薬アストラゼネカ、第1四半期は38%減益(05/21)

欧州委、大気汚染規制違反で英独仏など提訴(05/21)

車の最先端技術、英国で32万人の雇用創出も(05/21)

DEPA、送ガス子会社を伊エニに売却(05/18)

オカド、米クローガーと提携 食品配達向け技術提供=米国進出(05/18)

欧州新車登録、4月は9.6%増加(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン