• 印刷する

「空飛ぶ自動車」、蘭パルヴィが発売=世界初

陸路走行と空中飛行が可能な「空飛ぶ自動車」の開発を手掛けるオランダの新興企業パルヴィ(PAL-V)・インターナショナルは13日、商用モデルの販売を開始したと発表した。世界初で、公式ウェブサイトから注文できる。

パルヴィは2007年の設立。開発された機体は2人乗りで、3輪型の車体に折り畳み式のローターが搭載されている。最高速度は路上で時速160キロ、空中で時速180キロ。他社が手掛ける「空飛ぶ自動車」は、まだ確立していない技術や規制の変更を必要としているが、パルヴィは既存の技術や規制の枠組みの中で開発に取り組んだため早期発売が実現した。

発売するのは、標準仕様の「リバティ・スポーツ」とカスタマイズ仕様の「リバティ・パイオニア」の2モデル。まず「パイオニア」90台を限定販売した後に、「スポーツ」を発売する。価格は「パイオニア」が49万9,000ユーロ、「スポーツ」が29万9,000ユーロから。年後半の生産開始、2018年末の納品を予定している。

世界で初めて発売される「空飛ぶ自動車」(パルヴィ提供)

世界で初めて発売される「空飛ぶ自動車」(パルヴィ提供)


関連国・地域: オランダ
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

オランダで新規制施行前にビール買い占め(06/25)

民放メディアセット、本社移転を株主が承認(06/25)

オランダ、仏などへの渡航制限を解除(06/24)

OCI、アブダビのアンモニア事業に参画(06/24)

ハイネケン、印UBの株式追加取得(06/24)

エシロールルクソティカ、買収計画を見直し(06/23)

フレームス、サウジで脱水処理システム受注(06/22)

オランダ失業率、5月は3.3%に改善(06/18)

エネコ、2035年までに実質的な脱炭素化(06/17)

食事宅配の欧州最大手、グラブハブ買収完了(06/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン