• 印刷する

独仏国境で自動運転車の試験走行へ

ドイツとフランスは8日、両国国境をまたぐ道路を自動運転車の試験走行ルートに設定することで合意した。3月末までに最初の試験が行われる予定。ドイツのドブリント運輸相とフランスのビダリス運輸担当相がベルリンでの会談後に発表した。

試験走行ルートは、独南西部ザールラント州メルツィヒ(Merzig)と仏北東部メス(Metz)の間の約70キロメートル。自動車各社はここで、第4世代(4G)移動通信規格「ロング・ターム・エボリューション(LTE)」および第5世代(5G)移動通信技術を利用した車車間・路車間通信や、自動運転による追い越し・車線変更・ブレーキ操作、交通警告サービス、欧州統一の車両緊急通報システム「eCall(イーコール)」の国境を越えた運用試験を行うことができる。

独運輸省はこのプロジェクトに1億ユーロを拠出する。ドブリント氏は「自動車メーカー各社は、国境で車線や制限速度が変わる際などのシステムの接続性を試すことができる」と説明。「自動車生産量で欧州最大の独仏が協力することにより、自動運転技術の世界標準を設定したい」と話している。

合意書に調印するドブリント独運輸相(右)とビダリス仏運輸担当相(ドイツ政府提供)

合意書に調印するドブリント独運輸相(右)とビダリス仏運輸担当相(ドイツ政府提供)


関連国・地域: ドイツフランスEU
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

追われる立場になった米テスラ <連載コラム・自動車産業インサイト>第50回(11/27)

ハンガリー・ポーランド首脳、EU予算協議(11/27)

バイデン氏、英アイルランド国境問題に懸念(11/27)

欧州委、ドイツの石炭火発の閉鎖補償を承認(11/27)

欧州委、イスラエルの製薬テバに罰金(11/27)

欧州医薬品庁、露のワクチン開発元と協議か(11/27)

航空業界の排出、CO2以外も温暖化に影響(11/27)

ウーバー、中国社が車両供給で欧州開拓か(11/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン