ベラルーシ、短期滞在者のビザ免除に

ベラルーシ大統領府は12日から、5日以内の短期滞在の外国人旅行客を対象にビザ(査証)を免除する新制度を開始する。観光や出張目的の外国人訪問者の拡大を目指す。

ビザなし渡航の対象となるのは、欧州連合(EU)加盟各国やブラジル、米国、日本など計80カ国の国民。ベラルーシのミンスク国際空港から出入国する場合に免除となり、有効なパスポートのほか医療保険証書などの提出が必要となる。なお、ロシアの空港経由で出入国する際は適用外になるという。

同政府は1年半ほど前からビザ免除制度の検討を開始し、1月9日にルカシェンコ大統領が承認していた。


関連国・地域: EUベラルーシアジア米国中南米
関連業種: 金融・保険運輸・倉庫観光・娯楽政治

その他記事

すべての文頭を開く

EEUとイラン、暫定的FTAを締結(05/18)

ベラルーシが日本企業誘致 戦略的なロケーションに注目(05/11)

露ヤンデックス・タクシー、エストニア進出(05/04)

ハンガリーで豚コレラ=日本など豚肉禁輸(04/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン