• 印刷する

ベラルーシ、短期滞在者のビザ免除に

ベラルーシ大統領府は12日から、5日以内の短期滞在の外国人旅行客を対象にビザ(査証)を免除する新制度を開始する。観光や出張目的の外国人訪問者の拡大を目指す。

ビザなし渡航の対象となるのは、欧州連合(EU)加盟各国やブラジル、米国、日本など計80カ国の国民。ベラルーシのミンスク国際空港から出入国する場合に免除となり、有効なパスポートのほか医療保険証書などの提出が必要となる。なお、ロシアの空港経由で出入国する際は適用外になるという。

同政府は1年半ほど前からビザ免除制度の検討を開始し、1月9日にルカシェンコ大統領が承認していた。


関連国・地域: EUベラルーシアジア米国中南米
関連業種: 金融運輸観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ベラルーシの反体制デモ、7週目に突入(09/29)

ベラルーシ当局、反政府派活動家らに刑罰も(09/28)

EU、ルカシェンコ大統領の正当性認めず(09/25)

ルカシェンコ大統領、告知なしで就任式(09/24)

EUの対ベラルーシ制裁、キプロスが拒否(09/23)

ベラルーシの反体制デモ、6週目に突入(09/22)

ベラルーシ大統領、隣国との国境を閉鎖(09/21)

コレスニコワ氏、国家安全脅かした罪で起訴(09/18)

ロシア、ベラルーシに15億ドル融資へ(09/16)

ベラルーシ大統領、露大統領と会談(09/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン