ドイツに廃棄処分食品の専門スーパーが登場

廃棄処分された食品のみを扱うスーパーマーケットが4日、西部ケルンにドイツ国内で初めてオープンした。浪費ゼロ社会を目指す取り組みで、欧州連合(EU)域内でこうした店は3店舗目となる。ドイチェ・ウェレが伝えた。

店舗名は「ザ・グッド・フード」。通常のスーパーと同様、野菜からビールまで様々な商品を取り扱う。異なる点は、全ての商品が一度は廃棄処分されたものであることと、値段がついていないこと。値段は買う人が判断して決める。

国際連合食糧農業機関(FAO)によると、毎年世界で生産された食品の3分の1が廃棄処分されており、そのうちの4分の1だけでも飢えに苦しむ9億人を救える量だという。

EUでは食品廃棄問題が深刻化しており、フランスでは昨年4月からスーパーの食品廃棄を禁止する法律が施行されている。イタリアでは昨年8月に、食料品店が売れ残り商品を寄付する際の手続きを緩和し、寄付量に応じて税金を免除する内容の法案が可決された。オランダでも食品廃棄の20%削減達成に向け、賞味期限の規制緩和が可能かを検討するなど、各国で問題意識が高まっている。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツフランスEUイタリアオランダ
関連業種: 食品・飲料商業・サービス社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

MKB銀行、最大30%株を上場へ(05/25)

ドイツ銀、7千人超を整理へ ゼービング新CEOが再建に着手(05/25)

PSA、「デジタル・ファクトリー」開設(05/25)

独GDP成長率、改定値も0.3%(05/25)

ロシアの乗用車生産、4月は21.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

GfK消費者信頼感、6月はやや悪化(05/25)

新素材開発コベストロ、M&Aに意欲(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

ディーゼル車規制、ハンブルクで31日から(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン