• 印刷する

トルコ、一斉捜査でIS関与容疑の750人超逮捕

トルコで5日、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」に関与している疑いのある人物を取り押さえるため、一斉捜査が実施された。これにより、6日までに容疑者750人超の身柄を拘束した。トルコ内務省の発表を元にAFP通信などが伝えた。

それによると、トルコでは5日、アンカラやイスタンブール、シリア国境のガズィアンテプ(Gaziantep)、シャンルウルファ(Sanliurfa)を含む29県で強制捜査が行われた。初日には容疑者約450人が逮捕されたが、その後、拘束者が増えている。容疑者には多数の外国人が含まれるという。

アナドル(Anadolu)通信によると、警察当局は家宅捜査でIS関連書類やデジタルデータ、火器などを押収した。当局によると、ISはトルコで「扇情的な攻撃」を仕掛けるための方法を模索しており、国内で積極的にIS戦闘員を募集している。IS本部との接触は紛争地帯で行われているとみられている。

トルコでは元旦未明にイスタンブールのナイトクラブで銃乱射事件が起き、39人が死亡。その後、ISが犯行声明を出した。容疑者はアフガニスタンで訓練を受けたウズベキスタン人の男で、1月半ばに逮捕された。当局はこの男がトルコ国内のISの動きを知る鍵になるとみている。


関連国・地域: トルコ中東
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

トルクセル、政府系ファンドが支配権獲得(10/28)

トルコ製造業景況感、10月も改善(10/27)

トルコ中銀、政策金利を10.25%に据え置き(10/27)

トルコ自動車合弁、EV電池で中国社と提携(10/26)

トルコ消費者信頼感、10月はわずかに悪化(10/23)

ギリシャ、EU・トルコ関税同盟停止を要求(10/22)

トルコ与党、法人税引き下げ法案を提出(10/20)

トルコ初のリチウム工場、年内に生産開始へ(10/20)

ギリシャ、トルコ国境でフェンス設置を開始(10/19)

米国、ナゴルノ・カラバフ巡りトルコ批判(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン