• 印刷する

ロンドン地下鉄、5~8日にストへ

ロンドン地下鉄(LU)で5~8日に再びストが実施される。運輸関係労働組合(RMT)が駅係員の削減に抗議して呼び掛けたもので、3,000人以上が参加する見通し。特に6日朝と7日夕方のラッシュアワーには市中心部で事実上の全線不通となる恐れがある。この問題をめぐっては1月上旬にも24時間ストが実施されている。

影響を受ける路線などは明らかにされていない。ロンドン交通局(TfL)によると、5日夜8時から翌6日午後4時はロンドン中心部ゾーン1を中心に多くの駅が閉鎖され、運行本数が大幅に縮小される。7日は早朝にいったん通常運行が再開されるものの、正午には再び本数が減らされ、7日午後8時から翌8日午前7時までは全線不通となる見通し。通常運行が再開されるのは、8日の午前9時ごろとなる見込みだ。

RMTはかねて900人近い駅係員の削減により乗客の安全が脅かされていると主張。英紛争解決機関ACAS(助言あっせん仲裁サービス)の仲介でTfLと交渉を行っていた。TfLは200人の職場復帰に合意したものの、RMTは要求を下回るとしてスト再決行を決めた。今後の展開次第では3月にも再びストを行う構えだ。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

チェコのEPH、英領北アの発電所を刷新(07/13)

英、入国後の自主隔離を撤廃 観光・航空業界の回復後押し(07/13)

仏社、アルミ製EV電池ケースで連合(07/13)

イングランド、25日からジムやプール再開(07/13)

英政府の新道路計画、EV排出削減量を相殺(07/13)

HSBC、ベトナムで再生プラ工場に融資(07/13)

ユーロスター、オランダと英国間の時間短縮(07/13)

英当局、送ガス電事業者の利益率半減を提案(07/10)

ライアンエアー、英客室乗務員の減給で合意(07/10)

HSBC、米国の一部事業で4億ドル損失も(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン