• 印刷する

ロンドン地下鉄、5~8日にストへ

ロンドン地下鉄(LU)で5~8日に再びストが実施される。運輸関係労働組合(RMT)が駅係員の削減に抗議して呼び掛けたもので、3,000人以上が参加する見通し。特に6日朝と7日夕方のラッシュアワーには市中心部で事実上の全線不通となる恐れがある。この問題をめぐっては1月上旬にも24時間ストが実施されている。

影響を受ける路線などは明らかにされていない。ロンドン交通局(TfL)によると、5日夜8時から翌6日午後4時はロンドン中心部ゾーン1を中心に多くの駅が閉鎖され、運行本数が大幅に縮小される。7日は早朝にいったん通常運行が再開されるものの、正午には再び本数が減らされ、7日午後8時から翌8日午前7時までは全線不通となる見通し。通常運行が再開されるのは、8日の午前9時ごろとなる見込みだ。

RMTはかねて900人近い駅係員の削減により乗客の安全が脅かされていると主張。英紛争解決機関ACAS(助言あっせん仲裁サービス)の仲介でTfLと交渉を行っていた。TfLは200人の職場復帰に合意したものの、RMTは要求を下回るとしてスト再決行を決めた。今後の展開次第では3月にも再びストを行う構えだ。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

独政府、5G網のセキュリティー厳格化も(01/21)

離脱協定の大幅変更を拒否 メイ首相、野党の要望に応じず(01/21)

エンプラス、デリパスカ氏の出資率引き下げ(01/21)

ポルトガル、空港に英国人向けの特別レーン(01/21)

仏政府、ハードブレグジット対策を発動(01/21)

小売売上高、12月は0.9%減少(01/21)

SWM、二輪車を印で値引き販売(01/21)

ソジェン、南アフリカ事業を売却(01/21)

蘭フィリップス、イングランドの工場閉鎖へ(01/21)

AFCエナジー、水素燃料のEV充電器導入(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン