• 印刷する

スイスのスキー村、地域通貨を導入=資金調達

スキーリゾートとして知られるスイス南西部レマン湖地方の山村、レ・ディアブルレ(Les Diablerets)で、昨年12月から地域通貨「イズナウ」が流通している。地元スキー場から名前をとったこの通貨は、老朽化したゴンドラの建て替え資金調達を目的に期間限定で発行された。

イズナウは直径約4センチで、銀色の縁取りに金色でゴンドラが刻印されている。1枚10スイスフラン(10.1ドル)で、趣旨に賛同する地元商店やレストランなどで利用できる。5万枚が発行されており、プロジェクトを主導する「イズナウの利益を守る基金」は今年4月末までに25万スイスフランの収益を上げたいと意気込む。

イズナウのスキー場は、ボー州からの助成金が停止されたことをきっかけに、存続をめぐって6年にわたり議論が続いてきた。ゴンドラは1953年製で、建て替えのために運営会社が950万スイスフランを負担するほか、400万スイスフランの債権返済が必要で、地域通貨の収益はこれに充てる方針だ。

同基金の設立メンバーは、スキー場は「地元経済の要」であり、ホテルの集客やスキースクールの存続に欠かせないと主張する。また経済面だけでなく、地域通貨の導入によって、若い世代をはじめとした地元住民たちが自らの未来を守るために行動を起こす必要があることを自覚したという。

欧州ではスイスだけでなく、英イングランド南西部のブリストル市が発行した「ブリストル・ポンド」など地域通貨の導入例は多い。


関連国・地域: 英国スイス
関連業種: 食品・飲料金融小売り・卸売り観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

スイス検察、レバノン中銀の資金洗浄で捜査(01/21)

資源グレンコア、ザンビア事業を完全売却(01/20)

ノリリスク・ニッケル、金属ETPに参入(01/19)

アルペンW杯、コロナ拡大でスイス開催中止(01/18)

スイスのコロナ規制法規巡り国民投票へ(01/15)

ノバルティス、中国社の抗体薬開発で契約(01/15)

スルザー、廃水処理のスウェーデン社買収へ(01/12)

WHO、富裕国によるワクチン独占に懸念(01/12)

ブリヂストン、米建材社をスイス社に売却(01/08)

17歳少女、スイスで偽の陰性証明提示し逮捕(01/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン