ロシア国民の半数、学校でのヒジャブ着用を肯定

ロシア国民の半数が、イスラム教徒の女性が頭部を覆うスカーフ「ヒジャブ」を学校で着用することを肯定している――。こうした傾向が、政府系調査機関の全ロシア世論調査センター(VTsIOM)が1月31日公表した最新調査の結果で明らかになった。

調査は1月28~29日に全国の1,200人を対象に実施。この結果、現在ロシアで禁止されている学校でのヒジャブ着用を認めるべきとの回答が50%に上った。一方で、全体の37%が着用禁止の解除に対して強い反発を表明。イスラム教徒に限っても36%が解除は不必要と考えていることが分かった。

また、学校では宗教色のない格好をするという規定について、47%が必要ないと回答。2012年調査時の35%から大きく上昇した格好だ。18~24歳の若年層に限ると、73%が宗教色のある服装を容認している。

ロシアでは、南西部モルドビア共和国に住む複数の家族がヒジャブ着用をめぐって訴訟を起こしたが、2015年に最高裁が上訴を退ける最終判決を下している。


関連国・地域: ロシア
関連業種: 経済一般・統計社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

ルーマニア、2025年までにガス生産倍増へ(02/22)

ブルガリアの対内FDI、昨年は36.7%増加(02/22)

欧州ではしかの感染者が4倍増、2万人突破(02/22)

ロシアの失業率、1月は5.2%に悪化(02/21)

国際協力銀行、露極東に開発促進会社を設立(02/21)

デリパスカ氏、En+とルスアルの社長辞任(02/21)

ロシア鉱工業生産、1月は2.9%増加(02/20)

欧州鉄鋼協会が米国に懸念 商務省が輸入規制の導入提言(02/20)

ロシア郵便、マグニトと食品配達で提携(02/20)

R・ロイス、2030年までに小型原子炉を完成(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン