• 印刷する

墺政府、公共の場でのブルカ着用を禁止へ

オーストリア政府は1月30日、イスラム教徒の女性が着用する顔全体を覆うベール「ブルカ」などについて、公共の場で着用を禁止する方針を示した。支持率を伸ばす極右の自由党(FPO)に対抗するための政策とみられる。BBC電子版などが1月31日伝えた。

政府は新政策について、「開かれた社会の実現にはオープンなコミュニケーションが必要」とし、顔全体を覆うベールの着用はこれに反するものだと説明。着用禁止場所には裁判所や学校などが含まれる。政府は警察や裁判官、検察官などの政府職員に対して、宗教を象徴するスカーフなどの着用を全面的に禁じることなども検討しているという。

ブルカをめぐっては欧州各国で禁止や規制強化の動きが出ている。オランダでは昨年12月、一部の公共スペースで着用を禁止する法案が可決。ドイツのメルケル首相も、同様の方針を示している。


関連国・地域: オーストリアオランダ欧州
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

保険VIG、エーゴンの中東欧事業を買収(12/02)

クリスマスのスキー旅行、各国で方針割れる(11/30)

オーストリア、全国で封鎖措置を再導入(11/17)

ウィーンで銃撃、4人死亡=テロとして捜査(11/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン