• 印刷する

ストックホルムで北京並みの大気汚染を計測

ストックホルム市内で1月29日、北京並みの大気汚染レベルが計測されていたことが、同市環境局の大気汚染・騒音分析部門の最新統計により明らかになった。中欧諸国から流れ込んだ汚れた空気が天候のせいで停滞したため。

同部門は、浮遊粒子状物質(PM)のうち粒径が2.5マイクロメートル以下のPM2.5(微小粒子状物質)などの大気中濃度を定点計測している。それによると、この日は特に、目抜き通りのホルンスガタン(Hornsgatan)やヘーグビク(Haggvik)駅周辺で大気汚染が悪化した。

同部門の担当者はザ・ローカルに対し「市内ではこの日、大気汚染物質の濃度が約8時間にわたり北京並みに高まった」と説明。ただ、こうした状態が長期間続く北京と異なり、ストックホルムでこれほど悪化することはごく稀としている。大気汚染の原因としては、近隣諸国の影響や降水量の少なさに加え、道路表面の損傷や冬用タイヤの使用により粉じんが舞い上がることもあるという。[環境ニュース]


関連国・地域: スウェーデン
関連業種: 自動車・二輪車運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

欧州委、テリアのボニエ買収を条件付き承認(11/13)

英のキックボードシェア、離脱の混乱で遅延(11/13)

ボルボ、コバルトをブロックチェーンで追跡(11/11)

エリクソン、中国・OPPOと5G実験室(11/11)

トーマス・クック北欧事業、投資会社が取得(11/01)

EU、資金洗浄対策で新監督組織の設立検討(11/01)

エストニア、スウェドバンクの資金洗浄捜査(10/31)

サンドビック、掘削・坑井仕上げ事業株売却(10/30)

スポティファイ、第3四半期は黒字回復(10/30)

スウェーデン、リベリア土地管理計画を支援(10/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン