• 印刷する

デンマーク外務省、「デジタル大使」新設へ

デンマーク外務省は、米巨大ハイテク企業を担当する世界初の「デジタル大使」を任命する方針だ。米グーグルやアップル、マイクロソフト(MS)など一国家並みの資産と影響力を持つ巨大企業と良好な関係を築く狙い。サミュエルセン外相がポリティケンのインタビューで27日明らかにした。

大使を新設する目的には、投資の誘致に加え、国内の技術力向上や、こうした企業をめぐる政治的、倫理的な問題の解決も含まれるという。デジタル大使の人選はまだ行われておらず、駐在地も未定。当面はスタッフは付かないが、必要に応じ外務省の人材を利用できる。

同相は「こうした企業はいまや一種の新国家のようなものだ」と指摘。「フィナンシャルタイムズによるとアップルやグーグルの時価総額は主要20カ国にほぼ匹敵する」とした上で、「わが国にも影響力を持つこうした企業との関係を緊密化する必要がある」と話している。

デンマークはかねて、巨大ハイテク企業の誘致に注力しており、先にはソーシャル・ネットワーキング・サイト(SNS)の米フェイスブックが同国第3の都市オーデンセ(Odense)にデータセンターを新設すると発表したばかり。サミュエルセン外相はこれについて「3年にわたる舞台裏の努力の成果」と話している。


関連国・地域: デンマーク米国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

北欧2社、EV充電設備で提携(07/06)

ポーランド政府、洋上風力発電で業界と合意(07/03)

メルケル首相、マクロン仏大統領と会談(06/30)

海運マースク、脱炭素化の研究施設を開設(06/29)

デンマーク首相、サミット出席で結婚式延期(06/29)

デンマーク、27日に欧州からの渡航一部解禁(06/22)

英テスコ、ポーランド事業の大半を売却(06/19)

航空SAS、スウェーデンが追加支援を検討(06/17)

CIP、再生エネインフラのファンド設立へ(06/17)

デンマーク、ベトナムと風力発電で提携強化(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン