• 印刷する

航空BA、2月5日から計6日間のスト

英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の客室乗務員が、2月5~7日と9~11日に計6日間のストライキを決行する。今年に入って3度目の実力行使で、賃上げ交渉をめぐる労使の溝が深まっている。最大労組ユナイトが明らかにした。

ストの対象は、ヒースロー空港発の国内線、欧州路線および長距離路線。ガトウィック空港やロンドン・シティー空港、スタンステッド空港発着のBA便は影響を受けない。BAの広報担当者は、これまでと同様に全ての顧客を目的地に届けると説明。緊急時の対応計画を31日と2月2日にそれぞれ発表する予定だ。

ユナイトは、欠航を出さないために航空機をチャーターするだけの資金がありながら、賃上げ要求に応じず、問題解決を図る姿勢がないと非難している。

ストは、長距離便と短距離便の両方での乗務を担う雇用契約の客室乗務員の賃上げをめぐるもの。求人広告では初任給が年間2万1,000~2万5,000ポンドとなっているが、実際は基本給1万2,000ポンドにフライト1時間当たり3ポンドが上乗せされる形になっている。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

英国の再生エネ輸出に影響 EU国境炭素税、利益5%減も(06/18)

製造業、EUとの貿易関係の再構築望む(06/18)

リフォームUK、総選挙公約発表=移民抑制(06/18)

資産管理サイドキック、850万ポンド調達(06/18)

保守党、支持率で3位転落 総選挙大敗に現実味=世論調査(06/17)

労働党、マニフェスト公表=経済成長を優先(06/17)

住宅建設クレスト、同業からの買収提案拒否(06/17)

G7、ウクライナ融資で合意=露資産活用(06/17)

英、ベトナム産製品94.4%の関税撤廃へ(06/17)

資源リオのリチウム事業は「安全」=専門家(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン