• 印刷する

バルセロナ、市中心部でのホテル新設を禁止

バルセロナ市議会は、市中心部でのホテルの新設を全面的に禁じ、市内全体で宿泊施設の開業を厳しく制限する条例を可決した。観光客の急増に歯止めをかける狙い。AFP通信などが伝えた。

バルセロナは過去25年余りにわたり大々的な観光キャンペーンを展開してきた結果、今では人口160万人をはるかに上回る年間約3,000万人以上の観光客が押し寄せるようになった。しかし市街地の混雑や不動産価格の高騰に対する住民の不満が高まったため、左派のアダ・コラウ市長の下、昨年3月からホテル規制の議論を進めていた。

新条例では市を4地区に分け、それぞれにルールを規定。歴史建造物の残る1つ目の地区では、既存の宿泊施設の建て替えを禁じることで「自然減」を図る考えだ。市の周縁部ではホテルの新設を認めるが、新規の収容能力を市内全体で1万1,000人に抑える方針。ただ、既に進行中のプロジェクトも多数あり、条例の影響は2019年までない。

もっとも、バルセロナの来訪者の約4分の3は日帰り旅行者であるため、観光業界は「規制の矛先が間違っている」と批判している。


関連国・地域: スペイン
関連業種: 建設・不動産観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

スペイン政府、レイオフ制度を1年延長も(10/19)

スペイン首相、売春行為の違法化を宣言(10/19)

ユーロ圏の成長率予測引き上げ 仏やスペイン回復見込む=IMF(10/14)

EQT、通信アダモを仏アルディアンに売却(10/13)

スペイン元警察トップ、脅迫など巡る公判へ(10/12)

シデノール、バサウリ工場の操業を年内停止(10/12)

スペイン鉱工業生産、8月は1.8%増加(10/11)

スペイン、新たな住宅法で家賃に規制導入も(10/07)

スペイン新車登録、9月は15.7%減少(10/06)

伊裁判所、プチデモン氏の送還判断保留(10/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン