• 印刷する

スロベニア議会、国境の閉鎖を認める法案を可決

スロベニアの国民議会(下院、定数90)は、クロアチアとの国境の閉鎖を認める法案を47対18の賛成多数で可決した。流入する移民を制限する目的。ドイチェ・ウェレなどが27日伝えた。

同法により今後スロべニアの警察は、流入難民の数が急激に増加し「公共の秩序や国内の治安が脅かされる」場合、国境を閉鎖し入国を拒否することができる。施行されると、閉鎖期間は少なくとも6カ月続くという。

スロベニアには2015年9月から2016年3月にかけて、約50万人の難民が流入。こうした中、政府は国境管理を強化していた。

隣国のハンガリーは昨年7月、セルビアおよびクロアチアとの国境の管理強化法を施行し、不法移民の流入防止に向け対策を強化している。


関連国・地域: オーストリアハンガリースロベニアクロアチア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン