ハンガリーのオルバン首相、支持率なお高く

2018年に総選挙が予定されるハンガリーで、オルバン首相の支持率が4割弱を獲得し、首相候補のトップを独走している――。ハンガリーの非営利調査会社ネーゼーポント(Nezopont)研究所が26日公表した最新の世論調査でこうした傾向が明らかになった。

調査は1月20~23日、成人1,000人を対象に行われた。それによると、回答者の37%が、ハンガリー市民連盟(FIDESZ)を率いるオルバン首相の支持を表明。オルバン氏以外の首相候補者の支持率の合計を上回った。

第2位につけたのは、欧州連合(EU)懐疑主義や移民排斥などを掲げる極右政党「より良いハンガリーのための運動(ヨッビク)」のヴォナ党首。ただ、支持率は8%と大差をつけられている。次いで、ハンガリー社会党(MSZP)のボトカ党首が7%を獲得した。野党の民主連合(DK)を率いるジュルチャーニ元首相の支持率は5%、緑の党の「新しい政治の形(LMP)」のサール党首の支持率は2%だった。

中道右派のFIDESZは2014年に行われた前回の総選挙で大勝。キリスト教民主国民党(KDNP)と組んで、オルバン政権は2期目に突入した。同首相は政府権限の強化と中央集権化を進める一方、難民問題に奔走。1年前に実施された世論調査では、連立与党の支持率は33%に上り、最大野党ヨッビクの12%を大きく引き離した。


関連国・地域: ハンガリー
関連業種: 経済一般・統計社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

MKB銀行、最大30%株を上場へ(05/25)

ガスプロム、罰金回避へ EU競争法違反巡る問題に決着(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

ユーロ未採用の7カ国、導入条件満たさず(05/24)

日立、露車両製造TMHと合弁設立(05/23)

オートノイム、ハンガリーに部品工場を開設(05/22)

ハンガリーで第4次オルバン内閣が始動(05/22)

マジャールスズキ、ハンガリー工場に投資へ(05/21)

ハイドロ、ハンガリーにアルミ工場を新設(05/21)

欧州委、大気汚染規制違反で英独仏など提訴(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン