• 印刷する

スウェーデンの外国人宿泊数、北欧でトップ

2016年にスウェーデンを訪れた外国人観光客の宿泊施設の延べ宿泊数が1,390万泊となり、北欧トップを維持した。ただ、伸び率は他の北欧諸国と比べ振るわなかった。欧州連合(EU)の統計局ユーロスタットが24日、明らかにした。

スウェーデンの国外客の宿泊数は、前年から3.1%増加した。ただ、伸び率は、アイスランド(18.5%)、ノルウェー(11.4%)、デンマーク(4.6%)に及ばなかった。北欧諸国の中では、フィンランドのみ伸び率が1.9%にとどまり、スウェーデンを下回った。

ニュースサイトのザ・ローカルによると、スウェーデンの観光地では北部ノールボッテン地方への関心が高く、英国人観光客数は2010年からこれまでに約2倍に膨らんだほか、ドイツ人観光客も50%増えている。中でも、オーロラ観測や、ユッカスヤルヴィ(Jukkasjarvi)にある氷でできた「アイスホテル」の人気が追い風となっている。

EU加盟28カ国では、2016年の国外客の延べ宿泊数は13億1,200万泊と、前年から3.6%増えた。国別に見ると、最も多いのはスペインで2億9,430万泊。これにイタリア(1億9,570万泊)、フランス(1億2,180万泊)、英国(1億1,980万泊)が続く。前年比では、ブルガリアが21%増と最も伸びたほか、スロバキア(15.6%増)、ポーランド(13.1%増)、キプロス(12%増)、スロベニア(10.3%増)が2けたの伸びを示した。

国外客による宿泊数の割合が最も高いのはマルタ(96%)で、これにキプロス(95%)とクロアチア(93%)、ギリシャ(79%)が続く。逆にルーマニア(19%)やドイツ(20%)は低く、国内客が大半を占めている。


関連国・地域: 英国ドイツフランスEUイタリアギリシャスウェーデンスペインデンマークフィンランドノルウェーアイスランドマルタポーランドスロバキアスロベニア
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ノキア、ベトナムでスマホ新機種を発売(01/14)

通信テレ2、5G中核にノキア機器を採用(01/13)

スルザー、廃水処理のスウェーデン社買収へ(01/12)

スウェーデン、コロナ規制に向け新法を施行(01/12)

華為、スウェーデンの5G網排除巡り上訴(01/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン