• 印刷する

ブルガリアのラデフ大統領が正式に就任

ブルガリアで22日、ラデフ大統領の就任式が開かれた。民主政権下で5人目の大統領となる。任期は5年。ブルガリア通信などが伝えた。

ソフィア中心部の聖アレクサンドル・ネフスキー広場で開かれた就任式には数百人の聴衆が集まった。ラデフ大統領は、「全てのブルガリア国民の大統領になる」と宣言。欧州連合(EU)を含むパートナーと緊密に連携するとともに、人々の権利と尊厳のために立ち上がると述べた。

2016年11月に実施された大統領選では、親露派の野党・社会党が推す元空軍司令官のラデフ氏が、中道右派の与党「欧州発展のためのブルガリア市民 (GERB)」の候補であるツァチェバ議会議長を破って当選。GERBを率いるボリソフ首相は辞任し、その後の連立協議に失敗したため、早期総選挙の公算が高まっている。


関連国・地域: EUブルガリアロシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

ブルガリア、飲食店閉鎖など新規制を導入(11/27)

ネスレ、ソフィア工場の生産能力拡大へ(11/23)

ブルガリアの失業率、10月は6.9%に改善(11/18)

ブルガリアGDP、第3四半期は5.2%縮小(11/17)

ブルガリア、北マケドニアの加盟交渉反対へ(11/17)

ブルガリア鉱工業生産、9月は2.3%増加(11/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン