スウェーデン、人口が初の1千万人突破

スウェーデン統計局(SCB)は20日、同国の人口が初めて1,000万人を突破したと発表した。死亡数から出生数を差し引いた人口の自然増に加え、移民の大量流入が背景にある。

SCBによると、20日午後3時時点のスウェーデンの人口は1,000万230人。同局はかねて、1,000万人突破は2021年になると予想していたが、4年前倒しでこれを達成した。900万人を記録したのは2004年で、人口800万人から900万人への増加には35年間の年月を要したが、その後、13年間で100万人増えている。うち4分の1が自然増によるもので、残りは移民による増加という。

2010~2015年の人口増加率は年平均4%と、欧州連合(EU)平均の1%を大きく上回っている。

スウェーデンで人口統計が開始されたのは1749年で、その際の人口は180万人前後だった。SCBは同国の人口が2024年に1,100万人に、2060年に1,300万人に達するとみている。


関連国・地域: EUスウェーデン
関連業種: 経済一般・統計社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

スウェーデン、レアメタル探査を実施へ(02/19)

「最も倫理的な企業」に欧州から17社(02/19)

イケア、豪で売上高とシェア倍増へ(02/16)

ルノー、ストックホルムに初のEV専門店(02/16)

ユニクロ、オランダ1号店を今秋開設(02/15)

欧州投資銀、ノースボルトの電池工場に融資(02/14)

通信TDC、年金基金などに身売り(02/14)

政府、ノースボルトのLIB工場を支援(02/13)

サーブ、三菱航空機に整備マニュアル納入(02/12)

家具イケア、印西部の倉庫を拡張(02/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン