妊婦の飲酒率、アイルランドは世界最悪

妊婦によるアルコール摂取率が最も高いのはアイルランド――。新生児の6割超に母親がアルコールを摂取した形跡が見られたという。英医学誌ランセットが実施した調査でこうした実態が浮かび上がった。

ワースト2位はベラルーシで47%。デンマーク(46%)、英国(41%)、ロシア(37%)も高かった。反対に最も低い5カ国はサウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、オマーン、カタール、クウェートと、中東勢が占めた。

妊婦による習慣的なアルコール摂取は、生まれてくる子供に、胎児性アルコール症候群(FAS)という先天性疾患を引き起こす可能性がある。FASは神経発達障害の1つで、学習障害や発育不全のほか、顔面などにも特徴的な影響が表れる。アルコール摂取により、母体から胎盤を通じて届けられる栄養や酸素がブロックされるために起こるもので、治療法は存在せず、飲酒を避ければ完全に予防できるとされる。


関連国・地域: 英国アイルランドデンマークロシアベラルーシ中東
関連業種: 食品・飲料医療・薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

エアバス、UAEリース会社が400機発注も(05/21)

ロイズ銀、愛の住宅ローン資産を売却(05/21)

ユーロ圏インフレ率、4月は1.2%=改定値(05/17)

ユーロ圏鉱工業生産、3月は0.5%増加(05/16)

アイルランド中部で小型機墜落、2人死亡(05/15)

米アップル、愛のデータセンター建設を断念(05/14)

EU関税巡る対立緩和へ メイ首相、閣内に2グループ設置(05/14)

ボーダフォン、米リバティの欧州資産取得(05/10)

格安航空3社の輸送実績、4月も好調続く(05/10)

旅行TUI、第2四半期は赤字縮小(05/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン