• 印刷する

伊中部の山岳ホテルで雪崩、最大30人生き埋め

イタリア中部のアペニン山脈グランサッソ(Gran Sasso)にあるホテルで18日夜(現地時間)、雪崩が発生し、最大30人が生き埋めとなっている。悪天候の影響で救助活動は難航しており、死者は多数に上る恐れもある。一帯は連日の大雪に見舞われていたことに加え、この日はマグニチュード(M)5規模の地震が立て続けに起きていた。ロイター通信が伝えた。

雪崩の発生現場は、アブルッツォ州中部のファリンドラ (Farindola)にある4階建てホテル付近。雪の固まりが壁を打ち抜くなどして、建物の一部が崩壊した。当時、宿泊客が少なくとも22人滞在していたほか、複数の従業員もいた。

ホテルへの道は雪で閉ざされており、救助部隊の第1陣がスキーで移動して到着したのは19日午前4時半ごろ。夜明け後はヘリコプターも現場に向かい、救助隊員が掘り出し作業に当たった。

グランサッソを含む一帯は国立公園に指定されており、現場周辺はスキーリゾートとしてイタリア人観光客に人気が高い。18日の地震はアマトリーチェ(Amatrice)付近を震源とし、午前10時25分ごろに発生した最初の揺れから6時間以上にわたって断続的に続いた。[環境ニュース]


関連国・地域: イタリア
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ヒースロー空港の検査、伊が受け入れ保留(10/22)

EU、追跡アプリの連携開始=独など3カ国(10/21)

コンテ内閣、新たな経済刺激策を承認(10/20)

MET、東部カバの太陽光発電所が稼働(10/20)

伊、モンテ・パスキの出資引き揚げ承認か(10/20)

欧州各国、相次ぎ規制厳格化 地域限定の封じ込め策で対応(10/20)

イベコ、中国・重慶でスマート工場を着工(10/19)

伊政府、雇用維持プログラムを18週間延長か(10/16)

エニとルクオイル、コンゴと探査巡り協議(10/16)

イタリア、営業時間制限などの新規制導入(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン