• 印刷する

イタリア中部でM5規模の地震=1時間に3度

イタリア中部で18日午前(現地時間)、マグニチュード(M)5規模の地震が1時間以内に3度発生した。いずれも震源地はラツィオ州アマトリーチェ(Amatrice)付近で、約100キロ離れた首都ローマでも強い揺れを観測。ジェンティローニ首相によると死傷者は確認されていない。ANSA通信などが伝えた。

最初の地震は午前10時25分ごろに発生し、M5.1~5.3を記録。最も大きかったのは11時15分ごろに起きた2度目で、ヨーロッパ地中海地震学センター(EMSC)によるとM5.7だった。その約10分後にはM5.3の3度目の地震が起きた。揺れは主にアブルッツォ州とラツィオ州、マルケ州で観測された。

震源地付近では1日半にわたって大雪が降っており、イタリア赤十字社は、アマトリーチェの集落で数十人が家屋に取り残されたほか、建物が崩れたとの報告もあるとしている。

イタリア中部では昨年8月、約300人が犠牲になった地震が発生。特にアマトリーチェ、アックーモリ(Accumoli)、ペスカーラ・デル・トロント(Pescara del Tronto)で被害が大きかった。その後も強い地震が断続的に起きている。[環境ニュース]


関連国・地域: イタリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

イージージェット、アリタリア救済から撤退(03/20)

内相、難民救助船のイタリア入港を拒否(03/20)

PSA、伊フィアットとの合併も視野に(03/20)

欧州委、カルソニックの買収を承認(03/19)

台湾・上銀、イタリア新工場を年末稼働へ(03/19)

ランボルギーニ、豪で販売拡大目指す(03/18)

欧州新車登録、2月は1%減少(03/18)

EUの難民申請件数、昨年は11%減少(03/18)

アリタリア航空救済、米英社が厳しい条件(03/15)

<連載コラム・自動車産業インサイト>第32回 自動車のブランド価値脅かす新潮流(03/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン