• 印刷する

プラスチックごみの削減で合意=ダボス会議

世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)で16日、プラスチックを生産・利用する世界の40社を超える企業が、プラスチックごみを減らすためのリサイクルの拡大や生産方法の転換などに取り組むことで合意した。

この取り組みは、WEFと英エレン・マッカーサー財団がまとめた報告書「新プラスチック経済」に示された行動計画に沿ったもの。報告書は、プラスチックごみの拡大を放置していれば、海に漂うプラスチックの量は2050年には魚の量を上回ると警告している。

報告書では、現在のところプラスチックのリサイクルの割合は全世界の生産量の14%にとどまるが、20%は再利用やリサイクルで十分に採算が取れ、50%は包装デザインや使用後の管理システムを改善することで採算に見合うリサイクルが可能と指摘。残りの30%については根本的な変更や技術革新がなければリサイクルされず、ごみ袋で年に100億個に相当するプラスチックが埋め立てや焼却処理されるという。

行動計画に参加する英蘭資本の消費財大手ユニリーバは、2025年までにすべてのプラスチック包装材を再利用やリサイクル、たい肥処理できる素材に転換すると明らかにした。このほか米清涼飲料大手コカ・コーラ、仏食品大手ダノン、米化学大手ダウ・ケミカルなども取り組みに参加している。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国フランススイスオランダ米国
関連業種: 食品・飲料化学マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

スイス、EUとの人の移動自由を維持(09/29)

製薬ロシュ、15分の検査キットを欧州で展開(09/25)

ダボス会議、来年はダボス以外で開催か(09/25)

スイス、移民問題など巡り27日国民投票(09/25)

ブラックストーン、3D印刷の固体電池開発(09/24)

アブディ・イブラヒム、スイス社の株式取得(09/23)

ラファージュホルシム、排出量を2割削減へ(09/22)

クレディ・スイス、QIAと民間信用事業(09/21)

ネスレ、中国に穀物センター建設(09/17)

ファーストセンサー、米仏子会社を売却へ(09/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン