• 印刷する

オーストリアの難民申請件数、昨年は半減

オーストリアでの難民申請件数が急減している。2016年の累計は4万2,073件と、2015年の約9万件から半減した。内務省の発表を元に、オーストリア通信などが16日伝えた。

それによると、全体の約65%に当たる2万7,254件は昨年中に受理されたが、残りの1万4,819件に関しては今年に審査が行われる。うち1万2,987件は、難民が最初に到着した加盟国で難民申請を行うことなどを定めた「ダブリン2」規則が関係しているという。また、昨年は2014年と比べると49.9%、2013年からは140.4%増加しており、ソボトカ内相は「依然として高水準」とコメントした。

オーストリア政府は、2015年に全人口の1%に当たる約9万人が難民申請を行ったことを受け、昨年は受け入れ人数を3万7,500人に限定し、基準も厳格化した。新基準では、受け入れる難民を他の通過国で身の危険がある場合か、既に親族などが同国内にいる場合に限定している。


関連国・地域: オーストリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

IHI、AVLと燃料電池システムで協力(04/08)

露VTB、独で証券取引アプリ提供を計画(04/08)

会計ソフトのセージ、スイス事業を売却(04/07)

オーストリア、超小型電子部品研究を支援へ(03/26)

AT&S、ベトナムでハイテク工場設置へ(03/26)

クレディ・スイス、オーストリア事業を縮小(03/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン