• 印刷する

キルギスで貨物機墜落=少なくとも37人死亡

キルギスのマナス国際空港付近の村で16日午前7時30分ごろ(現地時間)、ACT航空(トルコ)の貨物機が墜落し、住民ら少なくとも37人が死亡した。貨物機は香港からマナス国際空港を経由してイスタンブールに向かう予定だったが、濃霧による視界不良で着陸時に操作を誤ったとみられる。

貨物機は米ボーイング747-400型機TC-MCLで、使用開始から14年が経過していた。墜落時には少なくとも15棟の家屋などを破壊。死者にはパイロット4人、子供6人が含まれ、死者数は今後増える可能性もある。

ACT航空は事故で亡くなったパイロットとキルギス国民に哀悼の意を表明。原因は調査中だが、現時点で技術的問題や貨物の積載量が原因の可能性は低いと説明した。

マナス国際空港はこの日閉鎖され、全ての発着便がキャンセルされた。


関連国・地域: トルコキルギス米国
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

キルギス、ボロノフ副首相が新首相に(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン